SWALLOW、新曲「?舎者」をリリース? メンバーからの豪華プレゼントが当たる1日限定キャンペーンも開催

2022年に入り、「常葉」「嵐の女王」「AUREOLIN」と3か月連続で新曲を発表、そして4月から地元・エフエム青森にて初のレギュラー番組「SWALLOW?s nest radio」もスタートするなど精力的に活動しているSWALLOW。

そんなSWALLOWが通算9作目となるシングル「田舎者」を7月31日にLINE MUSICで先行リリースすることが決定。作詞・作曲ともに工藤帆乃佳、編曲は安部遥音、Haruhito Nishi (ONEly Inc.)が担当。

「田舎者」は上京して“都会の人間”になりきれない斜に構える自分を“田舎者”と揶揄する“僕”が主人公。変わっていく“君”のなかに残る純朴な精神に安堵し、それが失われることを恐れ「早くこの街(都会)を抜け出そうよ」と誘いかける描写も印象的な歌詞に、涼味のある軽快なギターサウンドとアップテンポのビートが心地よくマッチした楽曲に仕上がっている。

またジャケット写真も工藤帆乃佳が手掛けました。地元青森の日本?長い木造の三連太鼓橋であり、近年では観光名所としても人気が高い、鶴の舞橋で撮影。その鶴の舞橋でメンバーの工藤帆乃佳が和服を身につけた装いは、近日公開予定の「田舎者」ミュージックビデオの世界観にも通じるヒントが隠されているとのことで乞うご期待。

■コメント「東京の知らない地名と君の趣味」という書き出しは決まっていました。上京して3年、まだまだ知らないことばかりですが、同じ年に上京してきた友達の変わり様に驚いたり、自分も変わったかな?と考えたり、変わることは悲しいと思ったり、だからこそ変わらないものが尊いと気付いたりしました。

私は性格上、過去のことをとても重く受け止め、未来のことよりも過去のことを考えている時間が長いので、余計に“変化”というものに感傷を覚えます。『田舎者』にテーマをつけるとするなら、「東京と女」です。東京という街の強烈な文化の渦中で、“女”という生き物が変化していく様を、いまこの歳に書かなければならないと思いました。

東京とは、私にとって洗練された、最先端の、派手な、流行の…そういうイメージの街でしたが、昨今はむしろ、田舎のほうに余程洗練された魅力を感じます。“田舎者”という日本語自体、田舎らしい無知、あるいは無垢を揶揄する意味をもつ言葉ですが、敢えてその素朴さを称えるつもりで曲名を『田舎者』としました。田舎で生まれ育った人も、田舎を知らない人も、都会に憧れを抱いている人も、ひとりの田舎の人生を想像してもらえたらいいと思います。

■【LINE MUSIC 限定】SWALLOW「田舎者」リリース記念!メンバーからの豪華プレゼントなどをもらえる!

7?31日(日)に新曲「田舎者」を LINE MUSIC で先行リリース決定を記念して、LINE MUSIC 限定でメンバーからの豪華プレゼントやサイン入りアーティスト写真が当たるキャンペーンを開催!

【1】LINE MUSIC 再生キャンペーン・キャンペーン概要SWALLOWの新曲「田舎者」をLINE MUSICアプリでリリース日(1DAY)にたくさん聴いた方の中から、上位3名様にメンバーからの豪華プレゼントがもらえる!

・特典☆1位☆ メンバー全員サイン入りジャケット写真パネル☆2位☆ 工藤帆乃佳(Gt.Vo)サイン入り歌詞カード☆3位☆ 安部遥音(Gt)サイン入りギター譜?

・キャンペーン期間2022年7月31日(日)0時00分〜2022年7月31日(日)23時59分※1日限定のキャンペーンとなります。

【2】LINE MUSIC着うた(R)/呼出音設定キャンペーン・キャンペーン概要SWALLOWの新曲「田舎者」をLINEの着信音/呼出音に設定し、設定画面のスクリーンショットを「#SWALLOW_田舎者」をつけてTwitterにシェアしていただいた方の中から、抽選で10名様に「SWALLOW サイン入りアーティスト写真」をプレゼント!・特典SWALLOWサイン入りアーティスト写真10名様・応募期限2022年7月31日(日)〜8月9日(火)23:59詳細はキャンペーンページをご覧ください。https://linerecords.me/news/2022/07/31/000000

■SWALLOW(スワロー) プロフィール工藤 帆乃佳(Gt.Vo)、安部 遥音(Gt)、種市 悠人(Key)からなる3ピースバンド。2016年9?、青森県でバンド「No title」を結成。2017年7月から始まった、LINE社主催「LINE オーディション2017」で総合グランプリを獲得し、翌年2018年1月にデビュー。その後、映画主題歌や高校野球テーマソングを担当。ARABAKI ROCK FEST出演などを経て「No title」としての活動終了を宣言。

2020年6月1日、バンド名を「SWALLOW」に改名。同年11月8日、改名後初となる1st Single「SWALLOW」をリリースし、SoftBank ウインターカップ2020 第73回 全国?等学校バスケットボール選手権大会 テーマソングに大抜擢。そして5th Single「青く短い春」では、テレビ東京系『ゴッドタン』の7月エンディングテーマにも起用。2022年はSWALLOWの新章突入を掲げ、セルフプロデュース楽曲である「常葉」「嵐の女王」「AUREOLIN」を3ヶ月連続リリース。そして4月からは地元・エフエム青森にて初のレギュラー番組「SWALLOW?s nest radio」もスタート。

■楽曲情報9th Single「田舎者」作詞・作曲?工藤帆乃佳編曲?安部遥音、Haruhito Nishi (ONEly Inc.)Produced by SWALLOWURL?https://lin.ee/wUzls6B/sbhq[リンク]

(執筆者: gallagherbros)

関連記事(外部サイト)