すでにフェイク認定されている動画をTwitterに投稿したイギリス人実業家に注目集まる 「北極と月がこんなに近いわけないでしょ」「本物だと信じてる人たちが心配」

イギリス人実業家のアラン・シュガーさんが、今年の4月にすでにフェイク認定されている動画をTwitterに投稿してしまい、ちょっとした注目を集めています。

https://twitter.com/Lord_Sugar/status/1553629910534594560

7月31日にシュガーさんが「ロシアとカナダの間の北極圏で撮影された月の映像」というツイートと一緒に投稿した動画がこちらです。

https://twitter.com/BeachDog15/status/1518818029639020545

全く同じ動画を投稿し、今年4月に広く拡散されたツイートがこちらとなります。

https://twitter.com/Phill_Dawson/status/1553630857574944768

4月28日にはロイターがファクトチェックを行い、この動画のオリジナルはウクライナ人CGアーティストの「Supermoon」という作品であることが判明しています。

Supermoonhttps://nftb.io/bnb/nft/0x836eb8202d4bc2ed14d1d2861e441c69228155cc/14966/[リンク]

冒頭のシュガーさんのツイートには様々な声が寄せられています。

・億万長者になるのってそれほど難しくないんだな・ロシアとカナダの間ってアラスカのこと?・フェイクだよ・素晴らしいアニメーションだ・本物だと信じてる人たちが心配・アラン、これはフェイク動画だよ・どうすればこの映像が本物だと思えるのだろう・月ではない・北極と月がこんなに近いわけないでしょ・老人による投稿・CGですよ・月と地球がこれほど接近してたら滅茶苦茶不安になる・VFXです。VFXが何かわからない場合は検索してみてください・大丈夫ですか?

※画像:Twitterより引用https://twitter.com/Lord_Sugar/status/1553629910534594560

※ソース:https://www.reuters.com/article/factcheck-science-arctic-idUSL2N2WP22T

(執筆者: 6PAC)

関連記事(外部サイト)