『ウルトラマンデッカー』松本大輝&村山優香インタビュー「特撮のカッコ良さと青春ドラマの共存」「好きな特化タイプは?」

ウルトラマンシリーズ最新作『ウルトラマンデッカー』が、テレビ東京系6局ネットで毎週土曜日朝9時から放送中です。

今年放送開始25周年を迎える『ウルトラマンダイナ』のエッセンスを取りいれている本作。正義感が強く、全力以上の力で取り組む気質の持ち主である主人公のアスミ カナタを中心に、「GUTS-SELECT」に所属する様々な隊員の活躍も見どころの一つ。

今回は、アスミ カナタを演じた松本大輝さんと、地上攻撃担当の女性隊員キリノ イチカ 役の村山優香さんにお話をいただきました。

――まずは、『ウルトマンデッカー』の魅力がどんな所にあるか教えていただけますか?

松本:ニュージェネレーションシリーズが10年間続いてきて、10作目となる『ウルトラマンデッカー』はさらにアクションが進化しています。怪獣との戦いや生身の人間の隊員たちが敵に立ち向かうシーンは大迫力ですので、楽しんでいただきたいです。

村山:そして隊員たちのぶつかり合いや成長のドラマも見所です。笑いもあれば涙もあって、1つの青春ドラマとしても楽しめると思います。もちろんウルトマンシリーズならではのアクションや特撮もカッコいいので、2つの要素が組み合わさった魅力があります。

――お2人はこれまでにウルトラマンシリーズにどんな印象を持っていましたか?

松本:僕は『ウルトラマンコスモス』世代なのですが、『コスモス』は子供も大人も楽しめるような作品だったと思うんですけど、その少し後に放送されていた『ウルトラマンネクサス』は大人っぽいイメージを持っていました。不気味な雰囲気でホラー映画かな?と思うくらい怖かった気がします。そこから大人向けなのかなと思うようになりました。 でも最近のウルトラマンシリーズは幅広い世代が楽しめるものになっていると思います。

村山:私は小さい頃の記憶があまりなくて。本作のオーディションを受けるに当たって最近のシリーズを観ました。今はもっと好きになって観ています。迫力がすごくて目が離せない、夢中になってしまします。

松本:最近のウルトラマンシリーズのアクションは撮り方に以前よりさらに臨場感があってすごく見応えがあるんです。

村山:ほんとに見逃せないというか、カッコいいがあふれるシリーズだなと思います。

――それこそ『ウルトラマンデッカー』は、フラッシュタイプ、ストロングタイプ、ミラクルタイプと変化していくのがカッコいいですよね!

松本:デッカーはカラータイマーが左胸にあって、デザインが左右非対称なんです。それがすごく斬新でかっこいいなと思いました。3パターンどのタイプもみんな好きになるところがあるのですが、個人的にミラクルタイプが気に入っています。色合いがすごく綺麗なんです。間近で見ると本当にすごくて。これから、イベント等で実際に見てもらえれば僕が好きになった気持ちが分かってもらえると思います。

村山:私もミラクルタイプです。みんなそれぞれ良さがあるんですけど、目を引くのはミラクルタイプですね。

――ミラクルタイプ大人気ですね! 撮影で大変なことはどんな事ですか?

松本:「怪獣がそこにいる」という想定でお芝居するのが難しいです。

村山:そうだよね。私も自分で「ここにいる」という目線を決めて演じています。怪獣の移動を追うお芝居ひとつとっても、一瞬で移動する怪獣やゆっくり動く怪獣などに合わせてやらないといけないので。

松本:後は銃を持って撃つシーン。銃の反動を自分で想像しながら演じるのですが、難しいです。監督にアドバイスをいただいたら、「本物の銃はもっと反動があるんだよ」と仰っていて。それを表現するのが難しいです。

――『ウルトラマンデッカー』の変身アイテムはすごく楽しそうなアイテムですよね。

松本:レバーを引いたら、クリスタルが出てくるというギミックがすごく面白いですし、音も鳴ります。すごく夢のあるグッズを作っていただいて嬉しいです。

――ウルトラマンシリーズは長年世界中で愛されていて、多くの方が子供の時からウルトラマンを愛していると思います。お2人が子供の頃夢中になっていた、影響を受けたシリーズ作品はありますか?

松本:僕は『ナルニア国物語』です。

村山:えっ!分かる!

松本:映画の第一作目(『ライオンと魔女』2006)はテレビで放送していたのを録画して、繰り返し、繰り返し観ていたので、一時期は全部セリフが言えるほどでした。

村山:あの物語のセリフを覚えられるなんてすごい! 私も本当に『ナルニア国物語』大好きで。小さい頃から何十回も観ていて。引き出しの中って続いているのかな?って実際に入ったりしていました。あの物語が本当にあるのかもって信じていたので。後は、『ナイトミュージアム』も大好きです。やっぱり、夜になると博物館の中は動き出すんだと信じていました!(笑)

――子供の頃に好きだったものは、その世界観が実在するって信じちゃいますよね!『ウルトラマンデッカー』もたくさんの子供たちに愛される作品になると思います。今日はありがとうございました!

【『ウルトラマンデッカー』 作品概要】 ●放送開始日:2022年7月9日(土) 放送時間:毎週土曜日 午前 9:00~9:30 放送局:テレビ東京系 6 局ネット 他

製作:円谷プロダクション・テレビ東京・電通 番組公式サイト:https://ani.tv/ultraman_decker/ 作品公式サイト:https://m-78.jp/decker/ 作品公式 Twitter: https://twitter.com/ultraman_series/ 出演:松本大輝・村山優香・大地伸永・宮澤佐江・小柳友・黄川田雅哉・寺坂頼我 ほか 声の出演:土田大・梶原岳人 ほか メイン監督:武居正能/シリーズ構成:根元歳三・足木淳一郎 監督:辻本貴則・坂本浩一・越知靖・内田直之・中川和博・田口清隆 脚本:中野貴雄・継田淳・ハヤシナオキ・皐月彩・鶴田幸伸 音楽:末廣健一郎・得田真裕 オープニング主題歌:SCREEN mode/エンディングテーマ:影山ヒロノブ

撮影:オサダコウジ

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?