国内最大級のインディーゲームの祭典「BitSummit X-Roads」が開幕 注目展示をピックアップしてご紹介

2022年8月6日、インディーゲームの祭典「BitSummit X-Roads」が京都みやこめっせで開幕しました。

初日のオープニングアクトを務めたのはサカモト教授。イベント創設者であるジェームズ・ミルキー氏は、10回目で岐路を迎えたというBitSummitについて、このまま続けていくのではなく、今後すべてにおいて進化して進んでいく、とコメント。主催となる日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)代表理事であるキュー・ゲームスの富永彰一氏が開幕を宣言しました。

会場内には国内外から集まった89の開発者ブース、インディーパブリッシャー、スポンサー、パートナーなどのブースがズラリ。

2日目は3年ぶりとなる一般公開日を迎え、会場は初日のビジネスデイを超える多くの人でにぎわっています。

注目作品をピックアップ

筆者が注目した作品をピックアップしてご紹介します。 ※記事にはTwitterの埋め込み機能を利用しています。ツイートが表示されない方はガジェット通信のページをご覧ください。

NaverAwake:Neotro Inc.[リンク]

CASSETE BOY:Wonderland Kazakiri Inc.[リンク]

Forestrike:Skeleton Crew Studio[リンク]

獄落道中:KSG制作所[リンク]

イタチョコラショウの源平ボコスカ:PYGMY STUDIO[リンク]

GRAPPIN:Ahmin Hafidi[リンク]

XEARZ:ABC Games[リンク]

DriveCrazy:チューブゲームズ[リンク]

PERASH:Maruchu[リンク]

公募作品以外の注目ブース

任天堂、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントは、それぞれNintendo Switch、PlayStation 5の試遊台を多数用意。

変わったコントローラーのゲームイベント「make.ctrl.Japan」はイベントパートナーとしてブースを出展。アイスの棒をコントローラーにして遊ぶ「僕のお墓はアイスの棒」をお披露目しています。

インディーパブリッシャーとして出展するKOMODOブースでは、先日日本向けにも予約受付を開始した携帯PCゲーム機「Steam Deck」を出展。Steamゲーム「ポケットミラー」がプレイアブル出展されています。

BitSummit https://www.bitsummit.org/ja/[リンク]

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?