動物病院発行の“勇気証明書”の前で誇らしげな姿をみせる子犬 「驚きの可愛さ」「まだ小さいのによくがんばりました」

アメリカの動物病院では大病などを克服した動物に対し、病気に打ち勝った証として“勇気証明書(Certificate of Bravery)”を発行したりすることがあります。

この“勇気証明書”の前で誇らしげな姿をみせる子犬の写真がちょっとした注目を集めています。

https://twitter.com/1followernodad/status/1556351637387587584

注目を集めたのこちらの写真です。投稿主は「腹痛でも出勤する私の写真」とツイートしています。

この投稿をInstagramで見る The HIT Living Foundation(@hitlivingfoundation)がシェアした投稿

https://www.instagram.com/p/Cg91Y1epQlo/

オリジナルの写真がこちらです。“勇気証明書”を発行したのはカリフォルニア州ロサンゼルスにある動物病院のようです。写っているのは、骨折の疑いがあるということで救急搬送されたルーという名前の子犬です。

この投稿をInstagramで見る The HIT Living Foundation(@hitlivingfoundation)がシェアした投稿

https://www.instagram.com/p/ChBFG94v4ko/

頭蓋骨に小さなひびが確認されたものの手術の必要性はなしということで、無事退院することができたルー。退院後の様子を撮影した写真なども公開されています。

SNSには次のような声が寄せられています。

・まだ小さいのによくがんばりました・早く良くなって・勇者は死なない・驚きの可愛さ・私もルーみたいな勇気が欲しいわ・よくがんばったね・大ごとにならなくてなによりだ・勇気ある子犬だよ・日に日によくなっているのはいいニュース・ルーに勇気をもらいました

※画像:Twitterより引用https://twitter.com/1followernodad/status/1556351637387587584

(執筆者: 6PAC)

関連記事(外部サイト)