JINSが定番メガネ「JINS CLASSIC」を刷新 全166種から自分に似合うメガネを見つかるメソッドを体験してみた

ジンズは8月22日、定番メガネの「JINS CLASSIC」シリーズの全面刷新を発表。8月29日から順次、全国のJINS店舗とJINSオンラインショップで販売を開始します。

今回刷新したJINS CLASSICは、アセテート樹脂製とメタル製をそろえた44種のフレームをベースに、ブラック、ブラウンデミ、クリアの3色を基本構成としてラインアップ。人気フレームはさらに17色を追加した20色をラインアップして、合計166種から好きな形とカラーを選択できるのが特徴です。

JINS CLASSICの代表的なモデルであるアセテートフレームは、太めのボールドタイプ「JINS CLASSIC Bold」が15型62種、細めのスリムタイプ「JINS CLASSIC Slim」が8型41種。Boldは8月29日発売で価格は9900円(税込)、Slimは9月15日発売で価格は9900円(税込)。

ブラック、ブラウンデミ、クリアの基本色に加えて、BoldとSlimにそれぞれ1モデル、スポットカラー17色を追加したモデルを販売します。Boldのスポットカラーは、ブラックデミ、グレー、ブラウンササ✕ブラウン、カーキ、ダークグリーン、ネイビー、オレンジ、ボルドー、イエローデミ、グリーン、グレーデミ、ベージュ、ブルー、ダークカーキ、ペールピンク、ペールブルー、ライトグレー。

Slimのスポットカラーは、ブルーデミ、ワインデミ、ターコイズデミ、パープルデミ、ペールイエローデミ、イエローデミ、ピンクササ、ライトブラウンササ、カーキ、ネイビー、ペールシアン、サーモンピンク、ベージュ、グレージュ、ラベンダーササ、ペールブルー、ペールピンク。

アセテートとメタルのコンビネーション「JINS CLASSIC Combination」は、9型27種をラインアップ。10月13日の発売予定で、価格は1万3900円(税込)。

細身のメタルフレーム「JINS CLASSIC Authentic Metal」は、4種12色をラインアップ。10月13日の発売予定で、価格は9900円(税込)。

彫刻の意匠やアンティーク風の加工を施したコンビネーションフレームの「JINS CLLASIC Combination Metal」は、4型12種をラインアップ。10月13日の発売予定で、価格は1万3900円(税込)。

オールチタンフレームの「JINS CLASSIC All Titanium」は、4型12種をラインアップ。10月13日の発売予定で、価格は1万3900円(税込)です。

これら166種のフレームに、オプションとしてカラーレンズを組み合わせてバリエーションを楽しむこともできます。最近ではマスクを装着していても曇りにくい「くもり止めレンズ」、オンライン会議でもかけるだけで頬の血色がよく見える「チークカラーレンズ」といったカラーレンズが人気とのこと。

好きな色、好きなフレームを選べる楽しさはあるものの、166種類もある中から自分に似合うメガネを探し出すのは、なかなか難しいですよね。発表イベントの会場では、「顔タイプ診断」と「パーソナルカラー診断」を使った独自のメソッドで最適な1本を探せる「JINS CLASSIC 1/166メソッド」を体験することができました。このメソッドは、店舗で接客する販売員のノウハウを体系化したもので、将来的には店舗の情報端末でこのメソッドを体験可能にしていくとのこと。

まず、顔タイプ診断を使って筆者の顔のタイプを見つけていきます。顔の輪郭、鼻の高さ、目の位置などから、「子どもタイプ」か「大人タイプ」かを判定。筆者は大人タイプでした。

続いて、頬の肉感や目の形、まぶた、眉の形などから「曲線タイプ」か「直線タイプ」かを判定。筆者は直線タイプでした。

「FRESHタイプ」「CHARMINGタイプ」「COOLタイプ」「ELEGANTタイプ」の4タイプから、大人✕直線の組み合わせはCOOLタイプに分類されました。COOLタイプはレンズの形に四角っぽさがあり、レンズの縦幅が狭めのスクエアやウエリントンがおすすめとのこと。

続いて、似合うフレームカラーが分かるパーソナルカラー診断へ。肌の色、地毛の色、黒目の色といった項目について、自分に当てはまるものをABの選択肢から選択していきます。AとBの数が多い方で「イエベタイプ」か「ブルベタイプ」かを診断。筆者はイエベタイプになるようです。

イエベタイプは温かみや黄みを感じる色で顔色がきれいに見えるタイプで、メガネではゴールドや茶色がおすすめだそうです。

イエベタイプでおすすめに分類されているカラーから、Boldのダークカーキ、ブラウンデミを試着。イエベにもブルベにも似合うカラーから、Boldのグレーも試着してみました。

筆者へのおすすめはゴールドや茶色など黄みがかった色だったのですが、おすすめに分類されていて気になったネイビーを試着してみたところ、最終的にはネイビーが一番、しっくり来た印象です。メソッドを参考に種類を絞り込んでいったうえで最後に好きな形や色も試してみると、お気に入りの1本に出会うことができそうです。

JINS CLASSIC(ジンズ クラシック)| JINS – 眼鏡(メガネ・めがね) https://www.jins.com/jp/jins-classic/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?