ニック・フューリーが挑むMCU史上最大の“シークレット”な任務『シークレット・インベージョン』予告編解禁

劇場映画にとどまらず、2022 年も『ムーンナイト』『ミズ・マーベル』『シー・ハルク:ザ・アトーニー』などを続々と生み出すマーベ・スタジオが新たに贈る最新ドラマシリーズ『シークレット・インベージョン』を、2023年にディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)独占で配信します。

ディズニーファンイベント[D23 Expo]が約3 年ぶりに開催され世界中で大きな盛り上がりを見せる中、今後のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)全体の展開を大きく揺るがすことさえ予感させる、“アベンジャーズの創設者”ニック・フューリー(演:サミュエル・L・ジャクソン)が、〈とある敵の地球侵略計画〉と対峙する姿を映した、全シーンが緊迫感にあふれた初めての予告編(https://youtu.be/BN-hiqeTlc8)が解禁。

元軍人で、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)の元長官、ニック・フューリー。アイアンマン、キャプテン・アメリカらをアベンジャーズへと導き、最近ではスパイダーマンのスパルタ気味な保護者としても活躍するなど、“アベンジャーズの影のリーダー”と言っても過言ではない存在。そんなMCUに欠かせない男が、MCU の壮大な歴史の裏で長年立ち向かってきたという、地球外からの“インベージョン(侵略)”の阻止に挑んでいきます。

解禁された映像では、フューリーの右腕、マリア・ヒル(演:コビー・スマルダーズ)に「あなたは何年も地球を避けてきた」と指摘されるも、「今は事情が変わった」と言い返し、事の重大さを感じさせる。トレードマークの眼帯を外し、まさかの青色の目を開眼させるニックの謎の姿からは、彼の本気モード(!?)にも期待できそうです。

侵略を企てるのは、『キャプテン・マーベル』にも登場した、あらゆる人物に“擬態”する能力のある種族のスクラル人。これまでも、その厄介な能力で周囲を翻弄してきた彼らが今回も暗躍し、誰が敵で誰が味方なのか、全くわからないカオスなスリラー展開を巻き起こしていく…。

さらに映像には、アイアンマンの友人でアベンジャーズメンバーでもある軍人、ウォーマシン=ジェームズ・“ローディ”・ローズ(演:ドン・チードル)や、以前はフューリーらと敵対していたが、今や彼を手助けする存在のスクラル人、タロス(演:ベン・メンデルソーン)、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』にも登場するとされるCIAエージェント、ロス(演:マーティン・フリーマン)ら、MCU でおなじみのキャラクター達も勢揃い。しかし、もしかしたら彼らの中に、スクラル人が擬態した“ニセモノ”が存在するかもしれない…。

映像でも、緊迫感のある音楽が奏でられる中、「これは序の口よ」「私の戦争だ。ただ一人のな」「私だけだ。奴らが狙うものを守れる者は」と、謎が謎を呼ぶセリフが次々と紡がれていく――。文字通り、すべてがMCU 史上最も“シークレット”に包まれている本作で、ニック・フューリーの活躍に期待が高まります。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?