GPSトラッカーを装着したサメが自画像を描いてしまった!? 「サメじゃなくてアリエル」「なんでも可視化したがるのね」

「GPSトラッカーを装着したサメが描いた自画像」が海外でちょっとした話題となっています。

https://twitter.com/tripgore/status/1571130545228357635

「GPSトラッカーを装着したサメが大西洋でサメを描きました」

https://twitter.com/OCEARCH/status/1304889644136497155

2020年にホオジロザメのデータ収集目的でGPSトラッカーをサメに装着したのは、OCEARCHという非営利団体(NPO)です。このNPOがGPSトラッカーを最初に装着したホオジロザメはブレトンと名付けられました。

https://twitter.com/ChloeMarieReads/status/1528903770977013761

すでに今年5月にはブレトンがサメの落書きを描いているという指摘がTwitterに投稿されましたが、この時はそれほど話題にはならなかったようです。

SNSには次のような声が集まっています。

・ケープ・ブレトン島にちなんでブレトンという名前になったんだよね ・フェイクじゃないの? ・なんでも可視化したがるのね ・拍手です ・海の中では何してるんだろう ・アーティストかよ ・サメというよりクジラっぽいけど ・結構あちこち移動するんだな ・自画像 ・サメじゃなくてアリエル ・泳いだ距離がすごい

GPSトラッカーを装着したサメの追跡データは以下のリンクから閲覧可能(英語のみ)です。

OCEARCH Shark Tracker https://www.ocearch.org/tracker/[リンク]

※画像:Twitterより引用 https://twitter.com/tripgore/status/1571130545228357635

※ソース: https://mymodernmet.com/great-white-shark-creates-self-portrait/

(執筆者: 6PAC)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?