井上尚弥選手「捨てられた花束を拾ったメイウェザーがカッコよ過ぎた…」 試合前に贈呈の花束を投げ捨てられたメイウェザー選手の対応を称賛

9月25日、格闘技イベント「超RIZIN」が行われ、元ボクシング5階級王者であるフロイド・メイウェザー選手と、総合格闘家の朝倉未来選手が対決。ボクシングルールのエキシビジョンマッチで行われ、メイウェザー選手が2ラウンドTKO勝ちをおさめた。 朝倉選手の健闘が称えられる一方で、試合前にはごぼうの党・奧野卓志さんが花束贈呈を行う際に、メイウェザー選手の前に花束を投げ捨てるという行動に出る。メイウェザー選手は平然と花束を拾って対応していたものの、奥野さんに対して批判が殺到。試合後もSNSは大荒れとなり、「日本の恥」といったワードがトレンド入りする事態となっていた。

ボクシングの3団体統一王者である井上尚弥選手はTwitterにて

エキシどうこうではなく捨てられた花束を拾ったメイウェザーがカッコよ過ぎた…。俺なら確実に拾わん。。メイウェザーに謝罪したい気持ちになったのは俺だけじゃないはず、、

とツイートし、賛同の声が次々と寄せられていた。翌26日朝の時点で26万を超える「いいね」を集めるなど、大きな反響を呼んでいたようである。

※画像は『Twitter』より

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?