MSIがRyzen搭載のクラウドゲーミングデスクトップPC「MAG Trident S 5M」を出展:TGS2022

9月15日から18日にかけて幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2022」。MSIブースでは、同社が「クラウドゲーミングデスクトップ」と呼ぶデスクトップPC「MAG Trident S 5M-022JP」を出展しました。

8コアのAMD Ryzen 7 5700Gプロセッサー、16GB RAM、512GBのM.2 NVMeストレージを搭載するWindows PC。コンパクトな本体は縦置きにも横置きにも対応し、リビングで大画面テレビに接続してゲームをプレイする利用を想定しています。

本体のインタフェースは、前面にUSB 3.2 Gen 2 Type-A、USB 3.2 Gen2 Type-C、オーディオコンボジャック、マイク入力を搭載。背面にはDC入力、HDMI 2.0、DisplayPort 1.4、D-Subポート、LANポート、USB 3.2 Gen 2 Tpe-A、USB 2.0 Type-Aを搭載します。

通常のデスクトップPCとしても使えますが、プリインストールされた「Game Stadium」アプリのインタフェースから、Steamやマイクロソフトのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」といった複数プラットフォームのゲームを起動してプレイできるのが特徴です。

MSIオリジナルのバッテリー内蔵ワイヤレスコントローラーが付属。Game Stadium起動後は、コントローラーを使ってコンソールゲーム感覚でプレイが可能になります。

Xbox Game Passをブラウザから開いて、クラウド版「Fortnite」をプレイしてみました。ゲーミングPCのようなグラフィックスカードを搭載しなくても、クラウドゲーミングで快適に遊べます。

Android OSをエミュレートする「MSI APP Player」を使うと、Google PlayからAndroidアプリをインストールしてプレイ可能。クラウドゲーミングからアプリゲームまで幅広く遊べる、ちょっと気になるPCです。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?