こんまりこと近藤麻理恵さん 今度はアカデミー賞にゲストとして招かれる

『ブラック・クランズマン』で脚色賞を初受賞したスパイク・リーが、『グリーンブック』の作品賞受賞に納得いかなかったり、ラミ・マレックが『ボヘミアン・ラプソディ』でアラブ系アメリカ人として初の主演男優賞を受賞したりと、様々な話題をふりまいた第91回アカデミー賞。

アメリカ中のセレブが集結するといっても過言ではないアカデミー賞授賞式に、アメリカでいきなり時の人となったある日本人も招待されていました。

https://twitter.com/TheAcademy/status/1099797651946491904
その正体は“こんまり”こと、近藤麻理恵さん。アカデミーの公式『Twitter』が、「オスカーのゲストへ:レッドカーペットはきれいにしてください。近藤麻理恵さんが到着したので、(アカデミー賞に対する)彼女の第一印象を良くしたいのです」とツイートしています。

https://twitter.com/celeb_of_world/status/1099794918397091840
和服ではなくきれいなロングドレスでレッドカーペットの写真撮影に登場しました。

https://twitter.com/AndreaMandell/status/1099792487269289984
USAトゥデイの女性記者が、「ねぇ、みんな。近藤麻理恵さんがオスカーに来てるわよ」とツイートすると、1万2000件以上もいいねを頂きました。

https://twitter.com/jombitskee/status/1099888780570435589
今年のアカデミー賞も『グリーンブック』の作品賞受賞などいろいろと物議を醸していますが、「近藤麻理恵さんでも、アカデミー賞のゴタゴタを片づけることはできなかったな」とアカデミー賞を皮肉るコメントもありました。

https://www.instagram.com/p/BuSV2oVFOE_/
ご自身の『Instagram』でも写真を公開しています。

アメリカで時の人となるだけでなく、すっかりセレブの仲間入りをした近藤麻理恵さんでした。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/AndreaMandell/status/1099792487269289984

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』