戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー『ガンニバル』主演・柳楽優弥が自信「世界基準ってなんなんだろうと自問自答しながら作り上げた」

2018年の連載開始以来、累計発行部数200万部を超える二宮正明が放つ衝撃のサスペンスコミック『ガンニバル』を実写ドラマ化。息も尽かせぬ緊迫感で放つ戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー超大作『ガンニバル』が2022年12月28日(水)よりディズニープラスにて独占配信となります。

狂気の世界へと誘われて行く主人公の警察官・阿川大悟役を柳楽優弥が務め、供花村を支配する後藤家次期当主・後藤恵介役を笠松将、大悟の妻・阿川有希(ゆうき)を吉岡里帆が演じるなど、豪華演技派俳優陣が脇を固めます。監督は、『岬の兄妹』、『さがす』が国内外で絶賛された鬼才片山慎三、脚本を『ドライブ・マイ・カー』でアカデミー賞®︎国際長編映画賞を受賞した大江崇允が務め、プロデューサーに『闇金ウシジマくん』シリーズを手掛けた岩倉達哉、『ドライブ・マイ・カー』の山本晃久ら、世界で高い評価を得る日本のクリエイターとキャストが集結しています。

12月21日には、東京・竹芝ポートホールにてイベントが開催され、阿川大悟役の柳楽優弥さん、後藤恵介役の笠松将さん、阿川有希役の吉岡里帆さん、寺山京介役の高杉真宙さん、阿川ましろ役の志水心音さんが登壇しました。

5か月間という長期間にわたり作品に向き合ってきたという柳楽さんは、12月28日に配信を控えた今の気持ちを問われると「国内だけでなく世界中の方たちも見てくださると常に意識しながら作品を作りました。世界基準ってなんなんだろうとキャストとスタッフが自問自答しながら作り上げた作品なので、自信があります」とコメント。

世界配信に関しても、「“村での出来事”ということがキーワードだなと感じてて、世界中にそういった場所はあるわけじゃないですか。フランスの村でこういう出来事があったらこわいなとかもっと怖いのかな、とか感想が楽しみです」と笑顔。

次回作の準備で現在台湾にいるという片山慎三監督がリモートで参加。「ガンニバル」の第一印象については、「人喰い村のマンガだと聞いて、しかも表紙を見たら怖いおじいちゃんが出ているし、ディズニープラスでやって大丈夫かなと(笑)。ただ読んでいくうちに人間ドラマが強調されて描かれていると感じて、いいドラマにしてお届けしたいと思いました」と話します。キャスティングについては原作を読んでいるときに大悟役として最初に思い浮かんだのが柳楽さんだと明かし、「柳楽さんに出演いただいたことで、実写ならではのキャラクターの輪郭や方向性みたいなものが定まりました」と片山監督。

キャスト同士のお互いに質問するというコーナーでは、心音さんから吉岡さんに「撮影中にお誕生日プレゼントをありがとうございました。もう少しでお誕生日だと思うのですが、何が欲しいですか?」という可愛いすぎる質問が。吉岡さんは「最近ディズニーランドにいってめちゃくちゃ楽しかったので、改めてディズニーランドって楽しいなって。ディズニーデートに行く時間をください!」と心音さんにおねだり、心音さんさんは「一緒にいきましょう!」と天使の笑顔を見せてくれました。

「『ガンニバル』を一言で表すと?」といったお題に対し事前にフリップを用意していたキャスト陣。「喰。」と書いた柳楽さんは「すごいメンバーが集まっているんだなと実感して。僕は全員と絡みますから、俳優として“喰われる”っていう怖さが常にあったなと思います。こういうメンバーでいるから自分もよりいい演技ができないかなと考えていました」と解説。

吉岡さんは後藤家、阿川家、大悟のことを考えて「轟」という字を選択。「現場では常にキャラクターたちが頭の中ですごい音量で訴え、喚いているような感じがして。静かな村だけど撮影期間中はずっと轟音が聞こえてくる現場でした」と話します。

最後には、ハンディキャノンで銀テープを打ち上げるド派手な演出でイベントは終了。柳楽さんより「『ガンニバル』という作品を、片山組で映画のクオリティを保ってドラマにしました。国際的な視点を常に持ちトライアンドエラーを繰り返していく中で、クリエイティブにあふれている現場でした。それは作品に刻まれていると思いますので楽しみに待っていてください」とご挨拶。ヴィレッジ・サイコスリラー超大作『ガンニバル』の配信をお楽しみに!

『ガンニバル』 ■原作:『ガンニバル』二宮正明(日本文芸社刊) ■配信:ディズニープラス「スター」で12月28日より独占配信 ■監督:片山慎三、川井隼人 ■脚本:大江崇允 ■プロデューサー:山本晃久、岩倉達哉 ■出演:柳楽優弥、笠松将、吉岡里帆、高杉真宙、北香那、杉田雷麟、山下リオ、田中俊介、志水心音、吉原光夫、六角精児、酒向芳、 矢柴俊博、河井⻘葉、赤堀雅秋、二階堂智、小木茂光、利重剛、中村梅雀、倍賞美津子 ■クレジット:© 2022 Disney

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?