写っている食器は上向き? それとも下向き? 不思議な写真が二度見マスト

お台場にある東京トリックアート迷宮館のような施設が人気を集めているように、日本人は錯視が好き。ある『Twitter』ユーザーが、裏返しになった複数の食器の写真を次のように紹介。「不思議」「すごい」といった声が寄せられていました。

これは裏返されている食器だが、一個でも上向きの食器を見つけたら他も全部上向きに見えてくる。

「最初から上向きにしか見えない」という人や、「一度そう見えちゃうとダメだな」という反応があったこの食器。見分け方のポイントは光源にあるという指摘も。

光源が右から来ていれば上向きで,左から来ていれば裏返しと判断することにしましょう。

とはいえ、上向きのものを見つけた途端に「戻せなくなる」といった声も上がり、数分置いてみて再び見ると「また裏返しになっている」という人も。同じ作品を何度見ても驚きを提供してくれるというのが、錯視の醍醐味。身近なものを使って、トリックアートに挑戦してみるというのも面白いかもしれません。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/shenmacro/status/1118152529219428353 [リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)