厚みが増して潰れにくい! BAT加熱式たばこ『glo』専用スティック『neo』が新フィルター投入

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の加熱式たばこ『glo(グロー)』の専用たばこ『neo(ネオ)』。2019年5月13日には新銘柄『ネオ・シトラス・ツイスト・プラス・スティック』『ネオ・ブースト・アクア・プラス・ スティック』が発売となりましたが、既存の7銘柄にも新フィルターを採用。2019年5月中旬より順次切り替わります。

紙巻たばこの技術を応用したチューブフィルター。これまでのフィルターは薄い紙製で、少し唇に力を入れると潰れてしまいましたが、新しいものは厚みが約3倍程度になり、しっかりとした硬さがありつつも通気性も確保されていて、吸口がやわらかい印象を受けます。

“味変”ができるカプセルの銘柄がラインナップされているのが『glo』の特色の一つですが、これまでのフィルターの場合、噛んで潰した際にフィルターがクチャクチャになってしまい、吹口が狭くなってしまうという難点がありました。新フィルターの採用により、カプセルの箇所を潰しても唇に当たる箇所まではさほど崩れず、よりストレスを感じさせずに銘柄の味わいを楽しめるようになりました。

より紙巻の味わいに近い感覚になったという『glo』のスティック。計9銘柄となり、バリエーションを楽しめるため、紙巻だけでなく他の加熱式や電子たばこを吸っているという人も一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

『glo』公式サイト
https://www.discoverglo.com/jp [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)