「特別で無いと人生の意味がない」というプレッシャーが恵まれた若者達を犯罪に走らせた『アメリカン・アニマルズ』

2004年、ケンタッキー州トランシルヴァニア大学の図書館で窃盗事件が起こった。標的は図書館に貯蔵された時価1200万ドルの価値があるジョン・ジェームズ・オーデュボンの画集「アメリカの鳥類」。なんと犯人は大学生4人組だった。何一つ不自由のないはずの中流階級出身の彼らは何故犯罪に手を染めたのか? アメリカ犯罪史上最も大胆不敵なこの強盗事件を描いた『アメリカン・アニマルズ』が現在大ヒット上映中です。

【ストーリー】「I’m Alive!!」とジョニー・サンダーを歌いながら車で飛ばしていく青年、ウォーレン(エヴァン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)。廃棄された食べ物を盗むことで最小限のリスクを楽しむ、そんなどうしようもない毎日だ。
くだらない日常に風穴を開けたい、特別な人間になりたいと焦がれる2人は、大学図書館に貯蔵される貴重な本を盗み出す計画を思いつく。手に入れれば1200万ドル、誰よりも自由を求めるウォーレンと、スペシャルなことを経験したいと願うスペンサーは仲間集めを始めることに。目をつけたのは、FBIを目指す秀才エリック(ジャレッド・アブラハムソン)と、当時既に実業家として成功を収めていたチャズ(ブレイク・ジェナー)。彼らは互いを『レザボア・ドッグス』に習い「ミスター・ピンク」「ミスター・ブラック」などと呼び合うのだった。強盗作戦決行日、特殊メイクをして老人の姿に扮した4人は遂に図書館へと足を踏み入れる――。そこで彼らを待ち受ける運命とは?これは、刺激を求めて道に迷ったアメリカン・アニマルズ達の物語。

本作を手がけたのは、ドキュメンタリー映画「The Imposter」で英国アカデミー賞最優秀デビュー賞を受賞したバート・レイトンさん。本作のPRの為に来日していたレイトン監督に、色々とお話を伺いました。

――本作大変楽しく拝見しました。映画を観る前は「若者たちが起こした数奇な事件」という感じで、コミカルな部分が多いのかと思っていたのですが、後半に行くに従ってガツンと来る展開で良い意味で裏切られました。

レイトン監督:それは嬉しいです、ありがとう! この事件を知って映画化にするにあたり、刑務所の中にいる彼らたちに直接コンタクトをとったのだけど、話を聞いているうちに今の社会と若者に訴えかけるものがあると感じて、(映画化にあたる)流れを考えていったんだ。僕も最初は「変わった事件だな」と思っていたのだけど、本人達の気持ちを知るにつれ、何でこんなことになってしまったんだろう? と不思議に思いつつ、こんな結果になってしまったことを憂いもした。観客の皆さんもそうやって、驚いてくれたのかもしれないね。嬉しいよ。

――この事件に遠くに惹かれた理由は何でしょうか?

レイトン監督:家庭にもチャンスに恵まれた大学生4人が、なぜリスクを冒してまでこの計画を実行したのかに興味を持ったんだ。彼らは「特別な人間にならないと人生の意味がない」というプレッシャーを抱えていて、それによって犯罪を起こしている。これは、SNSで特別な事を発信し続けなくてはいけないという焦りを抱えた、現代の若者達らしい問題だと思ったんだ。

――映画を作るにあたって実際に犯人達とやりとりをしたというのもすごいですよね。やりとりの中でどんな事に驚かれましたか?

レイトン監督:刑務所というのは誰もが入りたくない場所だと思うのだけど、彼らは服役を「親や学校から解放された幸福な時間だ」と話していた。びっくりだよね。それまで「なぜこんな事件を起こしたのか」という事を詳しく聞いた人は僕以外にいなかったみたいで、色々な気持ちを話してくれたよ。映画を作ることについてはハリウッド的なコメディとして面白おかしく描いて欲しくないと言われた。事実をそのまま伝えて、ドキュメンタリータッチで描く構想を話したら次第に納得してくれたよ。

――この映画をドキュメンタリータッチで描こうと思ったのは、やはり監督のドキュメンタリーへのこだわりなのでしょうか。

レイトン監督:た実際の犯人たちが出演するというドキュメンタリー要素を入れたのは、観客に「これは実話だ」ということを繰り返し思い出してもらうためです。ドキュメンタリーの部分があると、「これは自分の身にも起こりうることなのだ」と他人事にならないんですよね、作品により深く入り込んでいくことができます。挑戦的ではありましたが、その二つの要素を融合させてみました。

――その映像作りが非常にスリリングな展開を盛り上げていて素晴らしかったです! 監督の次回作への構想があれば教えていただけますか?

レイトン監督:限りなくトランプ大統領に似ている、トランプ大統領っぽい人が主人公のフィクション映画を作ろうと思っています。実話に基づいていない作品を初めて撮るのですが、その話を実話のように感じさせるにはどうすればいいのかと色々とアイデアを考えているところだよ。

――ぜひ、その作品観たいです!監督のこれからの作品もとても楽しみにしております。今日はありがとうございました!

『アメリカン・アニマルズ』公開中
http://www.phantom-film.com/americananimals/

(C)AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)