ジェロニモかよ! マライア・キャリーのボトルキャップチャレンジが超人的すぎて話題に

ブラックボルト(マーベル・コミックス)、ブラックキャナリー(DCコミックス)、ジェロニモ(キン肉マン)、ジャイアン(ドラえもん)など、国内外を問わずアニメやコミックで活躍する声系能力者は数知れず。

しかし、リアルにも存在しました。自らの声でとんでもない神業を成し遂げちゃう超人が……。

歌手マライア・キャリーが、SNSで流行中の“ボトルキャップチャレンジ”に挑戦。自身のTwitterとInstagramにその様子を投稿しています。

ボトルキャップチャレンジとは、ボトルのキャップを回し蹴りで回転させて開けるチャレンジのこと。これまでジェイソン・ステイサムやドニー・イェンといったアクションスターや、プロサッカー選手のズラタン・イブラヒモビッチらが挑戦し、日本からはケイン・コスギさんや武田梨奈さんなどのチャレンジが話題を呼んでいます。

ご多分にもれず「その挑戦、受けて立つ!」と動画を投稿したマライア・キャリー。格闘技のような構えから片耳を指で塞ぐと、突如として「Haaaaa〜〜〜!!!」と世界有数の超高音ボイスを披露。

すると瞬く間にビンボトルのキャップがシュルシュルと回転し、スポンッと飛んで行ったではありませんか! マジ!? そんなことって可能なの?

何らかの仕掛けやフェイクを指摘する声もあるようですが、マライアのハイトーンボイスの影響でビンボトルが振動しているようにも見えます。真偽はさておき、まずその発想がすごいわ!

※画像はTwitter(@MariahCarey)より引用。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)