ピカチュウが編集部にあらわれた! iOS版「ポケモンスクランブルSP」リリースだぜ!

ピカチュウがガジェット通信の編集部にやって来たッ!

「ピカピカ、ピカチュウ!」

フオォォォォォーーーーー! ピカチュウだあぁぁ!!!!

初代ポケモン直撃世代のオーバー30男もこの笑顔ですよ。興奮しすぎてほっぺの電気袋をガッツリ触っちゃってます。ごめんね、ピカチュウ!

「ピッカチュー」

「ピッカ」

「ピッカッチュピッカ〜」

マジでかわええぇぇぇ!!!!

さて、正気を取り戻して……。このたびピカチュウは、株式会社ポケモンのアプリ事業部 高木俊輔さんに同行して遊びに来てくれたのです。

高木さん紹介のもと、今年5月にAndroid版がリリースし、7月23日にiOS版も登場した「ポケモンスクランブルSP」(以下、ポケスク)を一緒にプレイしてみることに。

「ピ、ピカチュ?」

アプリゲーム「ポケモンスクランブルSP」特別映像(YouTube)
https://youtu.be/t8ZMGLHfbW4

ポケスクは、お気に入りのポケモンとともに、大量発生する敵ポケモンたちをバシバシ倒していくアクションゲーム。未知の島を調査するプレイヤーは、ステージに挑戦することでポケモンたちをどんどん仲間にしていきます。

今回は3匹の強力な“ぬし”ポケモンを60秒以内に倒す力試しイベント「Pラッシュ」にチャレンジ。

連れていくポケモンはもちろん……ピカチュウ、君に決めた!

「ピカピカピー!」

最初に現れたのはピジョット。ピカチュウのでんきタイプ技はひこうタイプに効果ばつぐんです。タップで敵を攻撃し、まずまずのタイムで撃破。周りのポケモンをサクサク倒してゲージをため、必殺技で“ぬし”ポケモンを攻撃するのがコツのようです。

2匹目の“ぬし”ポケモンはギャラドス。引き続きでんきタイプの技で攻めます。

しかし、最後のリザードンにたどり着いたところで制限時間がギリギリに。それにしても、二頭身にデフォルメされたポケモンたちがいちいち可愛いな!

「ピーカピカチュウ?」

残念ながら、今回のチャレンジはクリアできずにタイムアップ。鍛えなおしてリベンジしたい!

直感的な操作でシンプルに楽しめるポケスクですが、今後登場するポケモンは800種以上というコレクション要素に加え、ステージを進めるとゲットできるアイテム「ギア」によってポケモンを強化できるやり込み度の高さが魅力に感じました。ちょっとしたスキマ時間でもコツコツ遊べそうです。

「ピカピカーァ!」

ピカチュウ、今日はありがとう! また遊びに来てね!

「ポケモンスクランブルSP」
対応OS:iOS / Android
販売価格:基本プレイ無料(※ゲーム内課金あり)

「ポケモンスクランブルSP」ダウンロードページ(GooglePlay):
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pokemon.pokemonscrambleSP

「ポケモンスクランブルSP」ダウンロードページ(AppleStore):
https://itunes.apple.com/jp/app/id1453000198

「ポケモンスクランブルSP」公式サイト:
https://www.pokemon-scramblesp.jp/

(C)2019 Pok?mon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. Developed by Ambrella.
ポケットモンスター・ポケモン・Pok?monは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

撮影:オサダコウジ

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)