夏の紫外線対策は「高カカオ」に注目 タピオカドリンク・かき氷に点滴も登場!?

各地で梅雨明けが宣言され、これから夏本番。お肌のために、紫外線対策は十分できていますか? 紫外線対策として最近注目されているのが「高カカオ」。抗酸化成分であるカカオポリフェノールを積極的に摂取して、紫外線から受ける肌へのダメージを予防・修復する目的で、さまざまな高カカオメニューが提供されています。

タピオカドリンクで高カカオチョコレートメニューが登場

美容タピオカドリンク専門店“juice&tea bar ORIGAMI”は、7月1日から夏の新メニュー「高カカオ86%使用 チョコバナナタピオカ」を提供開始。バナナリキュールとミルクを合わせたタピオカドリンクに、クラッシュした高カカオチョコレート(86%)をたっぷりトッピングして仕上げました。バナナミルクとほろ苦い高カカオチョコレートの組み合わせは相性抜群で、そこにもちもち食感の生タピオカが組み合わさり、食感も味わいも大満足な夏にぴったりのメニューです。価格は630円(税込み)。「高カカオ86%」はプラス100円で他のすべてのメニューにトッピング可能です。

店舗名:「juice&tea bar ORIGAMI」
所在地:〒106-0047 東京都港区南麻布5-16-8 ドルチェ広尾 1F
営業時間:11:00〜22:00 (月〜木) 10:00〜21:00 (金土日祝日)
ホームページ:https://origami-tapioca.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/origami_juice_japan/

かき氷とドリンクでハイカカオ!

“BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)”は6月から、かき氷とドリンクの高カカオチョコレート使用メニューを提供開始しています。「High Cacao Tiramisu -Suncare-(ハイカカオ ティラミス サンケア)」は、高カカオチョコレートとマスカルポーネクリームを使った、ティラミス風のかき氷。紫外線対策をしつつ、ひんやりとクールダウンできる、夏にぴったりの新メニューです。価格は580円(税別)。

「SunCare walunut High Cacao(サンケア ウォルナット ハイ カカオ)」は、高カカオチョコレートとくるみを飲みやすいシェイクに。カカオのビターテイストとつぶつぶのくるみの食感が甘すぎず、最後まで飽きのこない味わいです。くるみには、βカロチンや抗酸化作用のあるビタミンEが含まれているので、ダメージ肌の回復促進にも役立つと言われています。価格は630円(税別)。

店舗名:BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)
所在地:〒112-0004 東京都文京区後楽1-3-61 東京ドーム黄色いビル 2F
営業時間:8:00〜22:00
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
ホームページ:http://www.bryantcoffee.com/

よりカカオの効能を体感できる“高カカオ点滴”を提供開始

疲労回復、アンチエイジング、風邪対策など目的別メニューから自分に合った点滴が選べる「点滴BAR」を展開する池袋さくらクリニックは、従来から提供している人気の「Cacao(カカオ)点滴」を改良し、高カカオな点滴を7月下旬から提供開始します。

カカオには「血圧を低下させる作用」だけではなく、「肌のうるおいをアップする作用」や「紫外線で受ける肌ダメージを予防・修復する作用」があることがわかっています。「Cacao(カカオ)点滴」は、そんなチョコレート(カカオ)の美容・アンチエイジング効果を多くの方に知ってほしい、という思いから、“医師”“管理栄養士”“看護師”のチームが協力し、開発したのだそう。カカオの成分を解析した安全に受けられる点滴薬で、点滴の中にカカオ自体が含まれるわけではないそうです。

名称:池袋さくらクリニック
所在地:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-25-17 6F
営業時間: 10:00〜19:00(完全予約制)
休診日:月曜日
URL: http://www.sakura-beauty.jp/

より効果的な紫外線対策にはアウターケアとインナーケアの2本立てで

紫外線対策には、日焼け止めや帽子の着用など外側からの「アウターケア」と 抗酸化作用のある食品によるカラダの内側からの「インナーケア」の2本立てで行うことが重要です。

アウターケアでもっとも重要なことは、太陽光から肌を守るために日焼け止めを塗ることですが、日焼け止めをサッと塗っただけでは、実は製品に表示される防御効果は得られないので、日焼け止めは二度塗りが必須。さらに日焼け止めだけでは防ぎきれない近赤外線は、帽子や日傘、衣類で覆って対策することも重要になっています。

アウターケアだけでは守りきれない紫外線の影響に対して、酸化ストレスを体内から消去し、カラダの内側から紫外線に対する防御力を高めるのがインナーケア。肌を赤くなりにくくするだけでなく、シミ、シワ、たるみ、皮膚がんなど、紫外線の影響による光老化を防くためにも、インナーケアを意識しておきましょう。

インナーケアにお勧めの食品は、抗酸化作用が高い成分を豊富に含んでいる食品だそう。ビタミンAが豊富に含まれていて価格的にも手ごろな鶏や豚のレバー、ビタミンE含有量の多いナッツや卵をがおすすめです。このほか、ビタミンCはコラーゲンの合成に必須。高い抗酸化作用をもつとされる成分としてポリフェノールが含まれる、トマトやパプリカ、ブロッコリー、ブルーベリーやブドウといったカラフルで色の濃い野菜や果物、お茶や高カカオチョコレートなどが、サンケアフードとして知られています。ほかにも、ビタミンB群は、皮膚のターンオーバーを整えてくれる大切な成分。腸内環境を整える食物繊維を含む根菜類や海藻類も積極的にとりたい食材です。

この夏は高カカオのドリンクやかき氷を楽しみつつ、時には点滴も取り入れてインナーケアを実践してみては?

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』