10月10日は“ドラムの日” スゴ技ドラマーが登場する記念イベント開催決定!

突然ですが、10月10日が“ドラムの日”に制定されていることはご存知でしょうか? 

凛として時雨のドラマー、ピエール中野さんが発起人となり、国内唯一のドラム専門雑誌『リズム&ドラム・マガジン』が申請し、2017年の春に日本記念日協会に正式に登録された、“オフィシャル”な記念日なのです!

なぜ10月10日がドラムの日なのか……疑問に思う人も多いかと思いますが、これはドラマー視点でドラム・セットを見たときの、“スティック・スネア・スティック・フロア・タム”の構図を数字に見立てたものです。やや無理矢理なこじつけですが、初年度はNHKのニュースにも取り上げられ、今年で早くも3周年を迎えました。

前置きが長くなってしまいましたが、制定3周年を記念して、初のイベントをやっちゃいます! しかも10月10日の前後も含めて、10月9日〜11日の3日間に渡って、渋谷のTSUTAYA O-CRESTで行います!!

20代最高峰のテクニカル・ドラマー

10月9日(水)は、“the Drums Day〜前夜祭〜”と題して、若手最高峰のテクニカル・ドラマー、山本真央樹さんをフィーチャー。角松敏生さん、Little Glee Monsterらのサポート・ドラマーとして活躍し、コンポーザーとしても、アイドルマスターシリーズ、ひなビタ♪、さらにKONAMI社音楽ゲームへ楽曲提供を行うなど、マルチなスキルを持つ若き才人。ちなみに真央樹さんの父親はBOW WOWのギタリストである山本恭司さんです! 

イベントは二部構成で、一部では本人初となるドラム・クリニックで、二部は自身が参加するフュージョン・バンド、DEZOLVEを率いてのスペシャル・ライヴ。DEZOLVEは全員がまだ20代ながら、確かに技術を誇り、日本フュージョン・シーンの未来と言われる新鋭バンドです! 

真央樹さん曰く“ドラムに特化したDEZOLVEライブになると思いますので、是非みに来てくださいませ!!!”とのことです。是非是非是非!

日本が世界に誇る20代のドラム・ヒーロー

10月11日(金)は、“the Drums Day〜後夜祭〜”と題して、CROSSFAITHのTatsuya Amanoさんをフィーチャー。国内外のトップ・ドラマー達がこぞって賞賛する“ドラム・ファンタジスタ”! 最近はTHE XXXXXX、水樹奈々さんのレコーディングに参加し、山本彩さんの新曲「棘」では、MVにも出演し、話題となっています!

こちらもイベントは二部構成で、一部は2年ぶりとなるドラム・クリニック(チケットは完売)で、二部は初となる“ドラム・パフォーマンス・ライヴ”を行います。CROSSFAITHの楽曲はもちろん、これまでにレコーディング参加してきたセッション・サイドの楽曲を使ったドラム・パフォーマンスも披露してくれる予定です! 

クリニックはすでに完売ですが、パフォーマンス・ライヴはまだチケットに余裕がありますので、こちらも是非是非是非! 巨大なバス・ドラムから放たれる音圧をぜひ生で体感してほしいです!!

ドラムの日は記念オークション

肝心の“10月10日”は何をやるのかというと、はい、オークションをやります! アーティストの使用機材の他、マンツーマンによるプライベート・レッスンなど、ドラム専門誌だから実現するスペシャルな企画を計画しています。

1つ決定しているのは、リズム&ドラム・マガジンの人気連載企画“無人島スネア”への出演権です! “無人島にスネアを持っていくなら?”という、無茶な問いかけから、それぞれの楽器観を探る長寿企画。落札者の愛器をベテランのカメラマンが綺麗に撮影し、スネアに対する思い入れをインタビューが聴き出し、編集してまとめます! 

▲無人島スネアは、backnumberの栗原 寿など、数々の有名ドラマーが登場してきた人気連載企画。

ドラマーだけに留まらず、すべての楽器好き、音楽好きな方が参加できる、楽しめるオークションを予定していますので、乞うご期待!!

気になる詳細は、ドラムの日公式HPにアップしていきますので、ぜひチェックしてみてください!


『ドラムの日記念イベント』

(リットーミュージック主催)

●イベント概要
日時:2019年10月9日(水)、10日(木)、11日(金)
会場:TSUTAYA O-Crest
   東京都渋谷区道玄坂2-14-8 5F
   チケット代:?4,000(Live)、?3,000(Clinic)

お申し込み&詳細はこちら
https://drums1010.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: リットーミュージックと立東舎の中の人) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』