ベンツ初の電気自動車「VISION EQS」 スーパーヒーローが乗ってそう

ドイツで開催中(9月10日〜22日)のフランクフルトモーターショー2019にて、メルセデス・ベンツが電気自動車のコンセプトカー「VISION EQS」を発表しました。

Mercedes-Benz VISION EQS: World Premiere | Trailer(YouTube)
https://youtu.be/njW9E-fCzcY

電気自動車VISION EQSの心臓である最先端の電気モーターは、最大出力350キロワット。電気モーターは2台搭載されています。時速0〜100キロの加速時間はわずか4.5秒。20分未満でバッテリーを80%まで充電可能。一回の充電で最長700キロの走行を実現しています。

4人乗りの室内の操作は、運転席のタッチパネルで行います。

リアランプはボディと一体型。フロントグリルにはLEDが埋め込まれています。ボディ全体を囲むライトベルトは、外部との通信やコミュニケーションを可能にしています。

アベンジャーズの誰が乗っていても似合ってしまいそうですね。

※画像とソース:
https://www.mercedes-benz.com/en/eq/concept-cars/vision-eqs/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』