マテルがUNOの点字版「UNO Braille」を発表

米マテルがUNOの点字版「UNO Braille」発表 スマートスピーカーでルールの説明も

記事まとめ

  • 米玩具メーカーのマテルは全米視覚障害者連合と開発した点字版「UNO Braille」を発表
  • 各カードの隅につけられた点字で、カードの色、数字、アクションがわかるように
  • Amazon Alexa及びGoogle Homeといったスマートスピーカーで、音声でルールの説明も

マテルがUNOの点字版「UNO Braille」を発表

10月1日、米玩具メーカーのマテルは、全米視覚障害者連合(National Federation of the Blind)と共同開発した、UNO(ウノ)の点字版「UNO Braille」を発表しました。

UNO Brailleの登場で、視覚障害や低視力を抱える700万人以上のアメリカ人がUNOを楽しめるようになります。

各カードの隅につけられた点字により、カードの色、数字、アクションがわかるようになっています。

4枚の簡易ルール説明カードにも点字がつけられています。点字対応の詳細なルール説明書は、公式サイトからダウンロードすること可能です。また、Amazon Alexa及びGoogle Homeといったスマートスピーカーでも音声でルールを説明してくれます。UNO Brailleのパッケージ本体も点字対応のものとなっています。

UNO Brailleの価格は9.99ドル(約1060円)となっています。

※画像とソース:
https://mattel.gcs-web.com/press-releases
https://news.mattel.com/news/unoR-introduces-first-official-braille-deck

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』