『深夜食堂-Tokyo Stories Season2-』小林薫インタビュー「最初のドラマから10年。みんな年とったけど変わらない関係が楽しい」

深夜ドラマとしてスタートしたにも関わらず回を重ねるごとに反響を呼び、今やその人気は日本のみならず、リメイク版が製作された中国、韓国などのアジアを中心に広がり、世界中の人々のお腹と心を満たしてきた『深夜食堂』。優しく切ないストーリーとキャラクターに合った美味しそうな料理が毎話登場し、何度でも観てしまう不思議な魅力にハマっている人も多いはず。

そんな『深夜食堂』の最新シリーズとなる、Netflixオリジナルシリーズ『深夜食堂-Tokyo Stories Season2-』が現在配信中! 今回は「めしや」のマスターを演じる俳優の小林薫さんに色々とお話を伺いました。

――『深夜食堂』も最初のドラマ放送から10年の年月が経ちました。本当に長く多くの人に愛されているシリーズだと思うのですが、小林さんはそういった実感はありますか?

小林:すごいですよね、10年。キャストもずっと変わらず、スタッフもほぼ変わらず作っていますが、みんな年とったなあと思います。僕も68歳になって、最初のドラマの時は58歳でしたから、やっぱり加齢を感じるんですよ。もともとの「めしや」の設定も、主役はマスターでは無くてゲストだと思っているのですが、さらにあまりしゃしゃり出ない様にしようと思う様になりました。

ドラマの世界観そのままで本当に撮影は楽しいです。忠さんとか、小寿々さんとかお茶漬けシスターズとか、レギュラー陣はキャラクターのまんま「めしや」に入ってくるのでずっと無駄話してね、監督にも「(ドラマの)まんまだね」って言われています。

――そんな愛しい常連さんたちに支えらえている『深夜食堂』ですが、今回のシーズンもゲストがとても豪華ですね。

小林:今回もたくさんの素晴らしい俳優さんが出てくれました。坂本長利さんがゲストの話があるのですが、坂本さんは僕が劇団に入って2年目くらいの頃、客演をしていただき、お世話になった方です。僕も出演していた『Dr.コトー診療所』でも村長役で出演されていましたが、20年ぶりくらいの再会となりました。90歳になった今でもしゃんとされていて、ほとんど変わっていなかった事に感激しました。

――90歳、素晴らしいですね。とても素晴らしいシーンでした。また、私は個人的に筒井真理子さん演じる魔性の女のシーンに「えっ!これ『深夜食堂』なの?」と驚いてしまいました。とても妖艶で。

小林:あのシーンね。でも実は、僕としては筒井さんに妖艶なイメージはないんです。昔、筒井さんとは、久世光彦さんのドラマ『夫婦善哉』で、義理の兄妹役で共演していて、何かずっと妹みたいな感じなんですよね。今回も、昔の彼女のままで、めしやに来てくれたので、何だか不思議な感じで見ていました。面白いシーンもある回なので楽しんでいただきたいです。

――『深夜食堂』はアジアでもとても人気のあるシリーズですが、Netflix配信ということでさらに世界的な広がりを見せそうですね。

小林:Netflixでのシーズン1が終わり、1年間空いてからシーズン2の話をいただいた頃に韓国で『深夜食堂』が放送されている事を知り、嬉しくなりました。リメイクされた台湾版や韓国版の『深夜食堂』も観ましたが、こちらが刺激を受ける感じで。映画のキャンペーンで中国や韓国に行った時、皆さんがすでに僕のことを知ってくれていて、不思議な気持ちになることもありました。『深夜食堂』はすでに僕たちの手を離れ、海を超えて海外の方々にも共感してもらえる作品なんだなと実感しました。韓国ではミュージカルも作られているそうで、そういう広がり方は面白いですよね。

――ミュージカル! それはとても観てみたいです。ちなみに小林さんはご自宅で『深夜食堂』のレシピを試したりされるのですか?

小林:最近料理作るの結構好きで、たまに試したりしますよ。フードコーディネーターの飯島奈美さんが作った「長芋のソテー」が美味しくて、自分でもやったのですが、最後のひと回しする醤油が多すぎても少なすぎても、その味にならなくて。シンプルな料理だけど難しいなあ、プロはすごいなあといつも感心しています。

――飯島さんのとても美味しそうな料理にひかれるのは、視聴者だけではなく小林さんもなのですね。私も試してみます。今日は楽しいお話をどうもありがとうございました!

(撮影:山口真由子)

『深夜食堂-Tokyo Stories Season2-』はNetflixオリジナルシリーズとして現在配信中。

【動画】『深夜食堂-Tokyo Stories Season2-』予告編 – Netflix
https://www.youtube.com/watch?v=8-oqbxhRDMI

“小腹も心も満たします
あの「めしや」がNetflixで再び開店”

繁華街の路地裏にひっそりと佇む “めしや”。営業時間は深夜0時から朝の7時ごろまで。人は「深夜食堂」って言ってるよ。
性別も、年齢も、境遇も異なったさまざまな客が店を訪れては、カウンターで生まれる小さなドラマ―。 国民的「食」コミックともいわれる安倍夜郎「深夜食堂」(小学館 ビッグコミックオリジナル)を原作に、2009年にドラマが放送されて以降、映画、海外でのリメイク版も制作され、今やその人気は全世界へと広がっている。ドラマシリーズ第5弾となる本作では、海外からのスペシャルゲストとして『台北の朝、僕は恋をする』などの実力派俳優、ジョセフ・チャンが登場。心と小腹を満たす極上の全10話。

https://www.netflix.com/title/80113037

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)