日本の街って外国人の目にはサイバーパンクな街に映るらしい 『ブレードランナー』の影響みたい

サイバーパンクというSF映画の新ジャンルを確立したのは、1982年に公開された『ブレードランナー』でしょう。

Blade Runner 30th Anniversary Trailer(YouTube)
https://youtu.be/iYhJ7Mf2Oxs

『ブレードランナー』及び続編の『ブレードランナー 2049』の中で描かれた混沌とした街並みは、日本語が書かれたネオンサインなどが掲げられていて、まるで日本の繁華街のようです。そのためか、SF好きな外国人の目には、日本の夜の繁華街=ブレードランナー的世界観と映るようです。特に雨夜の日本の繁華街は。

テーム・ヤルヴィネンさんというフィンランド人フォトグラファーの目にも、日本の夜の街はサイバーパンクな街として映るようです。

https://www.instagram.com/p/B4sKQP7H-pW/
札幌のタクシーですが、『ブレードランナー 2049』のワンシーンであっても違和感ないですね。

https://www.instagram.com/p/B050Fn1Hz4-/
有楽町の夜もサイバーパンク感満載です。

https://www.instagram.com/p/B2O4vSuHg1b/
サイバーパンク的退廃感溢れる三軒茶屋の路地裏。

https://www.instagram.com/p/B312k24Jfe_/
上野のアメ横ですね。

日本人にとってはごく普通で当たり前な日常の風景も、外国人の目には違う風景が見えているようです。でも、これってニューヨークの風景が、日本人の目とニューヨーカーの目では異なって見えるのと同じことですね。

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=iYhJ7Mf2Oxs

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』