80年代から90年代の名作ゲームを配信するプロジェクトEGGが18周年 記念に「テグザー」の配信を開始

PC-8801、FM-7、MSXといったレトロパソコンゲームからファミコン、メガドライブなどのコンシューマーゲーム、アーケードまで、80年代から90年代の名作ゲームをWindows向けに配信するサービス「プロジェクト EGG」は、11月24日に18周年を迎えることを記念したウェブサイトを公開。記念に名作PCゲーム「テグザー」の配信を開始しました。

「テグザー(THEXDER)」は、ロボット形態と戦闘機形態に変形できるハイパーデュアルアーマー“THEXDER”を操るアクションシューティングゲーム。1985年にゲームアーツがPC-8801mkIISR用ゲームとして発売、当時は珍しかった滑らかなアニメーションと8方向スクロール、FM音源による美しいBGMが話題を呼びました。その後MSXやファミコン、PSP、PS3など幅広い機種に展開しています。

テグザー for PC-8801(1985)(YouTube)
https://youtu.be/E_eXsGTInQM

一時期、プロジェクト EGGでの配信は終了していたのですが、18周年記念にユーザーからの要望を受け再配信を決定。公式Twitterも、「ロボット系のレトロゲームを語る際には、必ずその名や挙がる名作」と太鼓判を押しています。


https://twitter.com/project_egg/status/1197358960824578049

プロジェクト EGGでの価格は800円(税別)ですが、今ならキャンペーンで500円(税別)。別途、プロジェクト EGGの月額使用料500円(税別)がかかります。

Windows 10を動作環境にするアップデートにより、クイックセーブ・ロード機能、動画・静止画キャプチャー機能、Xinputゲームパッド対応といった機能追加が盛り込まれているとのこと。往年のファンも、まだ触ったことがない人も、新しい楽しみ方ができるプロジェクト EGG版を試してみてはいかが。

2019年11月24日に18周年を迎えます | プロジェクトEGG
https://www.amusement-center.com/project/egg/landing/

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)