『ブライトバーン/恐怖の拡散者』製作ジェームズ・ガンからのメッセージ 「ヒーローの誕生物語でありホラー映画でもある」[ホラー通信]

“アンチ”スーパーヒーローの誕生を描いた『ブライトバーン/恐怖の拡散者』が現在公開中。製作を務めるジェームズ・ガンから、日本の観客に向けてメッセージ映像が到着した。


映像は、ガンが監督を務める『スーサイド・スクワッド』の撮影現場で収録されたもの。ガンは本作について、「ヒーローの誕生物語でありホラー映画でもある。2つのジャンルを融合させた独創的な映画」と表現。また、自身が以前監督したホラー映画『スリザー』の名前を挙げ、『スリザー』に主演した旧友でもあるエリザベス・バンクスが、本作に参加してくれたことを語っている。

本作の監督はデヴィッド・ヤロヴェスキーが務めており、ガンはあくまでプロデューサーではあるが、自身のインスタグラムで本作のコスプレやファンアートを熱心にシェアしており、思い入れも一際なようだ。「絶対に度肝を抜かれるよ!」と本作を大プッシュした。

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』現在公開中
配給:Rakuten Distribution/東宝東和
(C) The H Collective

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』