保存アイコン=フロッピーディスクはもう古い!? 漫画イラスト制作ソフトのアイコン変更が話題に

データを保存する際におなじみのアイコンといえば、「フロッピーディスク」。新たな記録メディアが登場してからも、長きにわたってアイコンは使われ続けてきました。

そんな中、とあるソフトのアップデートがTwitterで大きな話題を集めていました。

クリスタアップデートでアイコンが変わったと聞いて見てみたら、保存がフロッピーじゃなくなってた…ついにこの日が来たか pic.twitter.com/zIccUMkU0B— うっかり加藤@12/8青海Aソ14ab (@ukkari_kk) December 5, 2019


Twitterユーザーのうっかり加藤(@ukkari_kk)さんが投稿したのは、漫画・イラスト制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」の編集画面。
保存アイコンがフロッピーディスクではなく、下向きの矢印を使ったものとなっています。

このツイートを見たユーザーからは、

・時代の流れか……矢印ついてるとダウンロードに見えてしまうな

・フロッピー現役世代ではない私ですらフロッピーは保存のボタンで定着していたのに!!!!

・ローカルに記録しただけでは、今の若い人はそもそも保存と認識出来なくて、サーバーやクラウドに上げて初めて保存と認識する的なツイートを最近見た衝撃が忘れられません…

・しっくり来ないよぉ!

・(雲マークの絵文字)

次はこれ

といった反応が寄せられていました。

時代の流れに合わせて、今後ほかのソフトでもこういったアップデートがされていくかもしれませんね。


※うっかり加藤@12/8青海Aソ14ab(@ukkari_kk)さんのTwitterより引用
https://twitter.com/ukkari_kk

(執筆者: しゃむ)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』