「山田涼介君に初めて会った時『綺麗ですね』って思わず言ってしまった」 『記憶屋 あなたを忘れない』平川雄一朗監督インタビュー

シリーズ累計50万部を超える織守きょうやの小説「記憶屋」を、『ツナグ』『天皇の料理番』『義母と娘のブルース』などで知られる平川雄一朗監督が映画化した『記憶屋 あなたを忘れない』が1月17日より公開となります。

恋人の記憶を取り戻すため記憶屋探しに奔走する大学生・遼一役にHey! Say! JUMPの山田涼介さん、遼一の幼馴染・真希役に芳根京子さん、遼一の記憶だけを失ってしまった恋人・杏子役に蓮佛美沙子さん、遼一と共に記憶屋探しをする弁護士・高原を佐々木蔵之介さんと豪華キャストが集結した本作。平川監督はどの様にこの作品を作り上げたのか。お話を伺いました。

――本作楽しく拝見させていただきました。原作がホラー文庫から出版されているという事も驚きで。

平川監督:そうなんですよね。といっても恐ろしいお話では無くて、あたたかみのある切ないストーリーなんです。人間の優しさや美しさと、ずるい部分が混在した、人間らしいお話だと思いました。映画では皆さんにそんなドラマを感じ取っていただけたら嬉しいです。

――山田涼介さんの泣いたり、戸惑ったり、笑ったり、喜怒哀楽あるお芝居も魅力的でした。

平川監督:山田君の事は以前から素敵な俳優さんだなと思っていて、特にドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(日本テレビ系列)で、コメディ演技が上手だし、観ていて和むし幸せな気持ちになる方だなと思ったんです。本作はシリアスな展開が多い分、クスッと笑えるシーンも多く取り入れたいと思っていました。なので、山田君がキャスティングに決まっていたのはすごく嬉しかったですし、初めて会った時、「ものすごく綺麗だな」と思って、本人にも言っちゃったんです(笑)。

――思わず口に出ちゃうほどの美しさだったわけですね!

平川監督:そうそう(笑)。でも、撮影で遼一という役柄に入ったら、街中にいそうな普通の大学生になってしまう。さすがの演技力だなと思いました。撮影中にHey!Saay!JUMPのライブがあったのでお邪魔したのですが、もちろんその時は”スター”で。切り替わりが素晴らしいと改めて実感しました。

――確かに、等身大の大学生らしさを表現されていますよね。芳根京子さんとのお仕事はいかがでしたか?

平川監督:芳根さんが演じた真希はとても難しい役柄だと思うんですね。本心を隠しながら、きわめて明るくつとめないといけない。芳根さんもすごく役柄に悩んでいて、何回もリテイクをして撮影していきました。心身ともに疲れたと思います。でもものすごく真面目なのであきらめずに取り組んでくださり感謝しています。とても良い真希のシーンが撮れたと思います。

――その他のキャストの皆さんとの印象に残っているエピソードはありますか?

平川監督:佐々木蔵之介さんは現場のお兄さん?お父さんの様な感じで現場をまとめてくださいました。本当は監督である自分の役目なのかもしれないのですが(笑)、佐々木さんが雰囲気をよくしてくださって。セリフまわしとかにもアドバイスをくれて、お芝居ももちろんビシっと決めてくださいますし、高原というこの映画の盛り上がりを作る役柄を丁寧に演じてくださったのでとても感謝しています。

――本当に素晴らしい俳優の皆さんが熱演されていて、それだけでも泣けてしまいました……。切ないですけれどあたたかな気持ちになれる映画ですよね。

平川監督:この映画は、人の記憶を消してしまうという都市伝説がベースとなり展開していきますが、現実にも認知症という病気があって、辛いことも忘れてしまうのならば、それも幸せだなと思う時も正直あります。でも、幸せな記憶や大切な人の事まで忘れてしまうのはあまりにも辛い。何が人間にとって幸せなのか、考えさせてくれる映画だと思います。多くの年代の方に楽しんでいただける作品なので、ぜひ映画館へ足を運んでください。

――今日は楽しいお話をどうもありがとうございました!

撮影:周二郎
スタイリスト:中村さよこ
衣装:DORMEUIL PARIS

【関連記事】『記憶屋 あなたを忘れない』佐々木蔵之介インタビュー「いつも役柄との相違点を意識して演じています」
https://getnews.jp/archives/2360268

『記憶屋 あなたを忘れない』大ヒット上映中!
刊行以降の累計が、50万部を超える織守きょうやの小説を映画化。主人公の遼一(山田涼介)は、恋人の澤田杏子(蓮佛美沙子)にプロポーズする。ところがその後、杏子は遼一にまつわる記憶だけをすべて失っていた。遼一はショックを受けつつも、杏子がなぜそうなったのか原因を探るべく、幼馴染の真希(芳根京子)、弁護士の高原(佐々木蔵之介)らと共に、人の記憶を消せると噂される”記憶屋”を見つけだそうと奔走する。

監督:平川雄一朗
出演:山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、杉本哲太、泉里香、田中泯ほか
配給:松竹
(C)2020「記憶屋」製作委員会

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)