3000年前のミイラの声を復元するとこんな感じです

最新のテクノロジーを駆使して、3000年前のミイラの声が復元されました。イギリスのヨーク大学やロンドン大学などの研究者チームが、ミイラをCTスキャンし、撮影された声道の3D画像を3Dプリントして声道の3Dモデルを作成し、3000年前のミイラの声を復元しました。

What sound does an ancient Egyptian mummy make? Scientist recreate voice of 3000 year old mummy(YouTube)
https://youtu.be/tcOY8ziJdLk

復元された声は単なる”母音”にしか聞こえませんが、研究者たちは今後“単語”や“文章”の復元にも挑んでいく予定です。

https://twitter.com/PhoneticsLab/status/1220390992236298240
ミイラの声を復元するには、声道の軟部組織が無傷であることが条件だといいます。最新のテクノロジーと状態の良いミイラという2つの条件が重なったことが成功要因だとしています。このミイラはNesyamunと呼ばれる、紀元前1100年前後に生きていたエジプトの司祭のもの。

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=tcOY8ziJdLk

※ソース:
https://www.nature.com/articles/s41598-019-56316-y

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』