誰もが経験しているビジネスメールでの失敗 皆さんやらかしてますね

ビジネスメールでの失敗は誰しもが経験していることではないでしょうか。誤字・脱字は日常茶飯事ですが、送信先を間違えてしまったり、社外秘の内容が記載されている社内向けメールを取引先に送信してしまったり、ダメージの差こそあれ、多くの人がやらかしたことが1度や2度はあると思います。

ある男性の失敗談に共感した多くの人たちが、似たようなエピソードを告白し合っています。

https://twitter.com/mo87mo87/status/1221952562410049536

「今まで経験した中で一番恥ずかしいメールのやり取り:
―メール送信
―先方からの返信には“Mautice”という名前になっていた(本当は“Maurice”)
―自分の名前が正しいスペルでないことが不愉快だと返信
―最初のメールを確認してと先方から返信
―そもそも自分が自分の名前をミススペルしていた」

https://twitter.com/anglo_bones/status/1222140594971127813
「それくらいなんでもないわ。社内全員に向けてメールする時は、通常“Kindest Regards(よろしくお願いしますみたいな意味)”を入れるんだけど、間違って“Kindest Retards(優しい知的障害みたいな意味)”って書いて送信したことがあるの。いまだにその時の恥ずかしさから回復できていません」

https://twitter.com/Pier_C_1/status/1222166217982504960
「ファイルを添付し忘れて1回目のメールを送ってしまったのに気づき、添付し忘れたことを謝罪する2回目のメールでまたファイルを添付し忘れ、さらに3回目のメールを書いている時もファイルを添付し忘れそうになりました」

https://twitter.com/zampeviola/status/1222148375681945601
「何年も前の話だけど、“Dear Sir or Madman(狂人を意味するマッドマン、通常は女性を呼ぶ時使われるMadam、マダム)”から始まるカバーレターを付けたあぶなっかしい履歴書を30通も送ったことがあるわ」

一昔前は「字は体を表す」などと言われたものですが、最近は「メールは体を表す」なんですかね。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/mo87mo87/status/1221952562410049536

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』