ドイツ人の少年がアメリカの州名を書いた地図 「アメリカ人の子供にヨーロッパの地図で同じことさせたらどうなるかな」

ドイツ人の少年がアメリカの州名を書いた地図が注目を集めています。

https://twitter.com/TSchmidtbsuer/status/1225838700942241792
オハイオ(Ohio)が大好きなようで、6つの州でオハイオという回答が確認できます。“テキサス2”という州名もありますね。えっ、“オレオ”って……。

このツイートを見たアメリカ人たちは、以下のような反応を示しています。

・俺がドイツの地図で同じことするよりよっぽどマシな回答だ
・ジョージアじゃなくて“ジョージ”なのがウケる
・東海岸のところに、“一体何がどうなってるの?”って書いてあるけど、アメリカ人の自分も地図を見るたびに同じことを思う
・私もアメリカの全部の州の位置関係はわからないわ
・テキサスの夏は暑いから、夏場は“テキサス2”に行けばいいね
・オハイオが多くない?
・オレオ州の住民です
・アメリカ人の子供にヨーロッパの地図で同じことさせたらどうなるかな
・ルイジアナ=サウス(南部)は間違っていないけどね
・AAAAAAって何?
・ニュージャージーは“一体何がどうなってるの?”という地域なんだ

https://twitter.com/b_covers/status/1225952783628742657
ヨーロッパの地図に挑戦した人がいましたが、イギリスではなくロンドンだったり、北欧がブロンド(金髪)になったりしています。フランスは“バゲット”ですか……。

真面目な顔して「東京は北京の隣でしょ、あれ下だっけ? とにかく東のほうにあるんだよね」というアメリカ人も普通に多いですし、関東以外の位置関係が微妙な東京生まれの日本人も多いものです。自分が住んでいる身近な地域以外は、土地勘ないのでわからないのが当たり前ですよね。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/TSchmidtbsuer/status/1225838700942241792

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』