岩下の新生姜ミュージアムでイベント収録用ビデオが盗難被害に

栃木県栃木市の岩下の新生姜ミュージアムで備品のビデオカメラが盗難に遭い話題になっている。

盗難被害を明かしたのは岩下食品代表の岩下和了さん。2月15日、岩下さんは自身のTwitter上で、ライブ収録用に使っていたビデオカメラが施設内で置き引きに遭ったとツイート。

「実は、先週残念な出来事がありました。盗難です。岩下の新生姜ミュージアムでライブ収録用に使っていたビデオカメラが置き引きに遭ってしまった。シナロケや中学生バンドなどのライブ記録SDも入っていた。悔しい。皆さんの善意で成り立っている無料のミュージアムで盗難があったのが一番悲しいです…。」


https://twitter.com/shinshoga/status/1228516646387515392

岩下の新生姜ミュージアムと言えば全国から岩下の新生姜ファンが集う聖地。そんな場所で盗難が起こってしまうとは……。岩下さんの嘆きのツイートに対し、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「マジっすか…残念過ぎる人も居るんですね。
新生姜食べて応援します。」

「盗んだやつ許せない!
早期岩下社長の元に戻ってきますように!」

「ミュージアムが有名になってしまったがゆえに、悪人に目を付けられるようになったんですね、悲しいです(;つД`)
善意だけでは立ち行かないのが、時代のせいだとは思いたくないですが・・・今後、何かしらの対策は必要かもしれないですね(´・ω・`)」

「残念です。
同じものが好きな人に輩は居ないと信じたい。
キライだとてやっちゃいかん事ですが。」

「シナロケの時にご自身でビデオカメラを片付けてるのも見ましたし無料ライブを開催するぐらい本当にライブが好きなんだなぁと思っていたのでとても悲しいです…」

「残念です。せめて物だけでも戻ってくるといいのですが…。貴重な記録はお金に変えられませんし。」

これまで施設内で行われたイベントの記録が失われてしまうのは岩下さんはじめ関係者にとって大きな悲しみだろう。早く事件が解決し、ビデオカメラが岩下さんの元に還ってくることを願いたい。

※画像はTwitter(@shinshoga)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』