ドクター中松が新マスク「スーパーメン」を発明 高須克弥院長は「とりあえず、まだおすすめしない。なう」

新型コロナウィルスの驚異が日本国内にも広がる中、2月14日に発明家のドクター中松さんが「スーパーメン SUPER M.E.N.」なる新発明マスクを発表した。

御年91歳にしてまだまだお元気な中松さん。20日には、高須クリニックの高須院長がスーパーメンを装着して中松さんとのツーショット写真をTwitterにアップ。

武漢肺炎ウイルス完全防御マスク手にいれたぜ。
今日から装着なう。

とツイートし反響を呼ぶも、

これつけて人ごみに行ってみる。
とりあえず、まだおすすめしない。なう。

と続けてツイート。高須院長、まだ「おすすめ」はしていないようである。
翌21日には、中松さんが

急遽タクシーで移動することになったのでスーパーメンを付け完全武装で乗り込む

とツイートし、スーパーメンを付けてタクシーに乗車している写真をアップ。こちらも、高須院長のツイート同様に反響を呼んでいたようだ。

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)