たこ焼きに着色料を混ぜたら地球が爆誕!!「たこ焼き器で天地創造するのは草」「これが地球誕生の起源だとは」

私たちが暮らしている地球は約46億年前に宇宙で発生したビッグバンをきっかけに誕生したとされていますが、もしかしたら熱いホットプレートの上で形成されたのかもしれません。

「いきなり何を言ってるんだコイツは」と思う方ばかりかもしれませんが、まずはTwitterユーザーの『 秀 』さん(@burgundy_ba)が先日投稿した写真をご覧ください。

わたし魔女のキキ!

こっちは何年か前に会社の同僚とタコパした時に悪ノリして青色1号を入れたら爆誕した地球!!

投稿された写真は青く美しい地球にしか見えませんが、実はこちらはたこ焼きの生地に青色の着色料を混ぜて焼いたものなのです。

焦げた部分は大陸のように、青い部分は海のように見えるうえに、大陸と海の比率も絶妙! 少しだけ火が入った箇所は緑色になってグラデーションが生じている点も標高差のある陸地のようですし、逆にまったく焦げていない箇所は深海を思わせる深い青色をしています。

こちらの投稿には4月21日現在で13万件を超えるいいねを集め、たくさんのコメントが寄せられていました。

文面から想像したやつの100倍地球だった…

我々はたこ焼きの上で生きてたのか…

ガガーリン「まさかたこ焼きも青かった」

たこ焼き機で天地創造するのは草

地球の誕生の秘密ビッグバンやなくてこれやったんか

これが地球誕生の起源だとは、神も想像しなかったであれう。。。

素晴らしいです。神秘を感じます

地球温暖化の原因は鉄板だったのか。

やっぱりたこ焼きは地球やったんや… タコが核、生地がマントルであってたんや!

神はタコパ感覚で星をお造りになられてたのか…

これほど爆誕というワードがしっくりくる投稿が有っただろうか。

ディズニーシーの地球儀みたいですね

夜店で「地球焼き」売り出したら、繁盛しそう

我々はたこ焼きの表面に住む微生物でしかないのか…

さまざまな感想や意見が寄せられるなか、特に「やっぱり地球はたこ焼きだったのか」と悟ってしまったかのようなコメントが殺到。それだけ多くの人がこのたこ焼きの写真を見て「地球だ!!」と感じたのでしょう。冒頭で「何言ってるんだコイツは」と思った方も納得いただけたのではないでしょうか。

ちなみにたこ焼き器で地球を爆誕させた秀さんはこのあと青色1号の量を増やし、さらに青くなった地球も生み出そうと試みたそうですが、それは失敗してクリーチャーのようになってしまったそう。奇跡のバランスによって誕生しているという点も地球のようです。

そしてこれは青色1号の分量を増してもっと鮮やかな地球を創造しようとしたら生まれたクリーチャー達!!

練成に失敗した地球の姿はまるでバブルスライムとキングスライムをフュージョンさせたかのようでした。こんなドロドロの星には生まれたくはないですよね。美しい地球に生まれてよかった。神様、上手に地球を焼き上げてくれてありがとう!!

画像提供:『 秀 』さん(@burgundy_ba)

(執筆者: ピータン)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』