これ何のCMだか想像できる? 「最後はノートパソコンが出てくるんだと思ってた」

アメリカ人は男女問わず自分が思っていることをドストレートに口にします。アメリカ人女性に「何食べたい?」と聞いても、「なんでもいいわ」なんて曖昧な返答はあまり返ってきません。

これはテレビCMでも同じで、いかに自社の商品やサービスが競合他社のそれよりも優れているかをドストレートにアピールする比較広告が多かったりします。

アピールする時はこれでもかというくらいにアピールするのが当たり前の文化なので、何を売ろうとしているのか不明瞭なテレビCMはあまりなかったりします。なので、たまにそういうテレビCMがあると困惑してしまう人が多いようです。

https://twitter.com/baraGodzilla/status/1258682943716782080
「頭がおかしくなりそう。この広告が何を売り込もうとしているのか全然予測できない」というツイートと一緒に投稿されたテレビCMには女性エンジニアや女性研究者などが登場します。AppleとかナイキのテレビCMっぽいですが、何のCMなのか想像できますか?

【関連記事】男女間で賃金格差のある「ミス・モノポリー」 「性差別って言葉をハズブロは知らないのかな」
https://getnews.jp/archives/2206962[リンク]

実はこれ、ハズブロが女性をテーマに昨年発売した「ミス・モノポリー」のテレビCMなんです。最後の最後まで何を売ろうとしているのか全くわかりませんよね。

https://twitter.com/LizardRumsfeld/status/1258810493915074561
同じようにアメリカ人にとって“わかりずらい”テレビCMにはこういったものもあります。

このツイートを見た人たちからは以下のような反応がありました。

・最後の最後で女性を幼児扱いしてない?
・最先端技術をウリにしている企業のCMかと思った
・何なんだよ!
・もっと深いメッセージがあるかと思ったらくだらないボードゲームの宣伝かよ
・こんなに大声で“何よこれ!”って叫ぶとは思ってなかったわ
・最後はノートパソコンが出てくるんだと思ってた
・滅茶苦茶笑わせてもらったよ
・最後の20秒で即死
・MicrosoftのSurfaceのテレビCMだとばっかり思ってた
・このテレビCMに関わった社員や代理店は全員解雇だね
・絶対生理用品だと思ってたんだけど

やはり、回りくどい伝え方はアメリカ人には伝わりにくいようです。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/baraGodzilla/status/1258682943716782080

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』