YouTuberとしても大活躍! GACKT、広瀬香美、EXILE ATSUSHIの意外な一面を楽しめる動画特集がauスマプレで公開

auスマートパスプレミアムは、「YouTuberとしても活躍するアーティスト特集」と題して、GACKTさん、広瀬香美さん、EXILE ATSUSHIさんの3名をピックアップした特集ページを、6月8日(月)10時より公開。

auスマートパスプレミアム会員に限らずスマートフォン・タブレットを所有するすべてのユーザーが閲覧でき、三者三様の個性あふれる動画コンテンツと、本業であるミュージックプレイリストをまとめて紹介します。

GACKTさんのYouTubeチャンネル「がくちゃん」からは、GACKTさん直伝の英会話講義や、中高生男子に向けて女性を口説くセリフを伝授する動画など、バラエティ要素の強いコンテンツを紹介。

4月に投稿された「英語ガク習塾 Lesson 1 〜謝るのにもヒト苦労〜」では、「I’m sorry How’s that?」の1フレーズのみを1時間以上にわたって解説。この言葉の意味、アメリカ英語の発音の特徴、日米の文化の違いなど豊富な知識を交えて詳しく説明し、ユーザーからも「日本の教育を受けた日本人からの観点でお話ししてくださるから、すごくわかりやすいし面白い」「説得力しかない」と絶賛されました。

広瀬香美さんの公式チャンネルでは、シンガーソングライターとして培ってきたメソッドを紹介する「広瀬香美ミュージックレッスン」というコンテンツが盛り上がっています。人気アーティストの楽曲解説だけでなく、先日はお笑いコンビ・どぶろっくの『もしかしてだけど』をカバーして話題に。

Official髭男dismの『Pretender』については「この曲は『グッバイ』勝負。それを言わせるために、どれだけうまいフリ(Aメロ、Bメロ)を持っていくか」と解説し、またKing Gnuの『白日』では「いろんな味、いろんなパーツが凝縮されている幕の内弁当みたいな(曲)。どこを取っても美味しい、何回食べても飽きない」とコメントするなど、“楽曲の魅力を分析したうえで、自分らしくカバーする”というスタイルを確立しています。アーティストを志す人からカラオケでうまく歌いたい人まで、幅広く役に立つ動画が盛りだくさんです。

「EXILE ATSUSHI スナちゃんTV」では、 EXILE ATSUSHIさんのプライベートな表情を楽しめます。特集ページでは、「TVでは伝えきれない想いを伝えたい」をテーマにした動画シリーズ「Bar ATSUSHI」の様々なコンテンツをピックアップ。

2020年1月に公開された第1回では、バーを訪れたEXILE TAKAHIROさんがEXILEの歴史を振り返る貴重なエピソードを披露し、LDHファンを中心に大きな話題を集めました。他にもゲストと共にYouTubeだからこそ打ち明けられるような、ぶっちゃけトークを展開しています。

auスマートパスプレミアムはスマホライフを充実させる便利なアプリや、おトクなクーポン、あんしんのスマホサポートなどを月額情報料499円で利用できるサービス。2019年11月より動画、音楽、書籍サービスなどエンターテイメント領域のデジタルコンテンツを拡充し、人気アーティストの完全招待制ライブやチケットの先行予約といったリアル特典も人気を集めています。

「YouTuberとしても活躍するアーティスト特集」ページURL:
https://entertainment.pass.auone.jp/special/20200608_04/?medid=pr_release&srcid=none&serial=s p_entop_article&branch=20200608

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)