Zoomで撮影した予算ゼロのホラー映画が全米興行収入1位に →製作者がチケットを自己買いした結果でした

6月10日、上映時間29分の短編ホラー映画『Unsubscribe』が、2万5488ドル(約273万円)の興行収入を記録し全米1位の座に輝きました。『Unsubscribe』は、Zoomで撮影した予算ゼロのホラー映画です。

6月10日付のBox Office Mojo興行収入ランキング。

『The Wretched』というホラー映画をおさえて『Unsubscribe』がトップの座を奪えたのにはからくりがあります。

新型コロナウイルスの影響で上映延期となった大作映画が多かったこと、映画館に足を運ぶ人が少なかったこと、そして『Unsubscribe』の製作者であるエリック・タバチさんとクリスチャン・ニルソンさんが映画館を借り切ってチケットを全て自己買いしたことで、1日限りの全米興行収入1位になることが可能となりました。

Zoomのオンライン会議に参加した5人のYouTuberたちと正体不明の招かれざるゲストを巡るストーリーの『Unsubscribe』は、現在Vimeoでレンタル中。字幕は英語のみで価格は429円となっています。

Unsubscribe
https://vimeo.com/ondemand/unsubscribefilm[リンク]

※画像:
https://vimeo.com/ondemand/unsubscribefilm
https://www.boxofficemojo.com/date/2020-06-10/

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』