コードギアスのルルーシュ風コスプレ選挙ポスターに「一切関係がありません」とサンライズが注意喚起 後藤輝樹候補はTwitterで謝罪

6月24日、アニメ制作会社のサンライズがサイトに

2020年東京都知事選における選挙活動について

https://www.sunrise-inc.co.jp/news/releasenews.php?id=127[リンク]
というお知らせを掲載、Twitterでも告知を行った。

2020年東京都知事選において、「コードギアス」シリーズのキャラクター「ルルーシュ」をイメージあるいは強く想起させるコスプレ風衣装によるポスター等を用いた選挙活動を行っている候補者の方がいらっしゃいますが、株式会社サンライズおよび製作委員会、作品関係者とは一切関係がありません。

というもの。

7月5日に投開票が行われる東京都知事選挙、過去最多となる22人が立候補しているが、その中で後藤輝樹候補はアニメ「コードギアス」シリーズのキャラクターであるルルーシュではないかと思われるコスプレ姿のポスターを掲示しており、書かれているフレーズも同作品を想起させるものとなっている。
サンライズは、同候補と明記してはいないものの、無関係との注意喚起を行ったようである。

当の後藤候補は同日Twitterにてサンライズのサイトにリンクを貼り

ごめんなさい。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

と謝罪ツイートを行っていた。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)