半年で20億円超を配った前澤友作さん「お金配りおじさん」を商標出願したとツイート フォロワー数で日本一の松本人志さんに迫る

2019年お正月の「100万円を100人に、1億円のお年玉」からはじまり、2020年のお正月には10億円、5月からはひとり親応援基金やカップル応援基金などで億単位のお金を配ってきた実業家の前澤友作さん。

6月22日には

【お金ばらまきの歴史】
2019年1月 お年玉で100人に100万円(1億円)
2020年1月 お年玉で1000人に100万円(10億円)
2020年1月 追加お年玉で100人に100万円(1億円)
2020年5月 ひとり親応援基金で1万人に10万円(10億円)
2020年6月 カップル応援基金で100人に100万円(1億円)
計23億円。

というツイートを行う。また、6月27日から28日にかけてフォロワー700万突破を記念し1000人に10万円、計1億円を配る企画を行っていたようだ。

6月29日には、

【商標出願しました】
?️お金配りおじさん
以後よろしくお願いします。

とツイート、「お金配りおじさん」を商標出願したと明かす。
700万突破の記念企画効果もあって、フォロワー数はまた激増。29日正午の時点で750万を超えている前澤さん、800万突破でまたお金を配るとのこと。
現在フォロワー日本一とされている松本人志さんは約780万人であり、数字の行方が気になるところである。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)