「和む」「恋の病も重症に」 マンガ『風邪をひいて彼氏の女子力を知る話』がさらに体温上がりそう

ちょっとした病気になった時は、どうしても気弱になってしまうもの。

2020年7月31日に『現実もたまには嘘をつく』(KADOKAWA)が刊行となるにいちさん(@niichi021)が、Twitterにマンガ『風邪をひいて彼氏の女子力を知る話』を発表。「いいね」が約38000ほど集まり、「和む」「たまらないです」といった反応が寄せられています。

両親が朝から出かけた日に、風邪をひいてしまった明穂。冷蔵庫の中に何もなく、パジャマのままフラフラしながら外に出ていると、名前を呼ぶ声が。

サークルの友達と歩いていた彼氏の陸くんと会った明穂。陸くんは「…はぁ!?風邪!?八度二分!?バカかお前!」と驚き、「家に帰って寝てろ!何か作りに行ってやるから」と予定をキャンセル。そして、作ったのは……クリームリゾットにベーコンとキャベツのコンソメスープ、オレンジにミルクも付いています。

お玉を片手に「ほれ、ちゃっちゃと食え。食ったら寝ろ」という陸くん。一人暮らしなので料理は得意な様子。リゾットを一口入れて「…惚れそう」と呟きます。「惚れてなかったんかい!」「惚れてたんだけど〜惚れそうなの〜」と夫婦漫才のようなやりとりが微笑ましいです。

ベッドで「眠くない〜」とグズる明穂。「お休みのチューしてくれたら…寝る…」との言葉に、「熱出すとめんどくせぇな」と言いつつ掛け布団をかけてあげる陸くん。「大人しくしてろ。冷えピタ持ってきてやっから」という陸くんに……。

「…ありがとね…。…今日家一人きりで…お腹も減ってて、何かすごく心細かったんだけど、陸くん来てくれて…わがままも聞いてくれて…なんか…すごく嬉しいなって−−」と話す明穂の唇をふさぐ陸くん。「…うっせーんだよ。さっさと寝てとっとと治せ」と照れを見せながら言う様子に、恥ずかしさに「ね、寝れぬ」となり、風邪が長引いてしまった明穂でした。

にいちさん自身が風邪の時に「布団の中でやることがなくてあれこれ考えていたら、この話ができました」というこのマンガ。作中の食事も風邪ひいたとき自身が作ったメニューだとのことで、「“風邪の時こんなごつい飯食えねーだろ”とのツッコミを戴きちょっと恥ずかしかったです」とコメントしてくれました。

「理想の彼氏」という声のほかにも「なかなか寝かせない彼氏」「これで彼氏にも風邪がうつって無限ループ」「恋の病も重症に」といったさまざまな感想が寄せられていましたが、陸くんみたいな彼氏がいたら、たびたび風邪をひくのも悪くないのかも?

※画像はTwitterより
https://twitter.com/niichi021/status/1277195272104206336 [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』