生後2か月と生後5か月を比較した子犬の成長記録 「体が大きくなってもまだ幼いんだよね」

生後2か月の時と生後5か月の時を比較した子犬の写真を投稿したツイートが大きな話題となっています。


https://twitter.com/_ThatGuyFuller/status/1280678861068480512

生後2か月の時には片手で軽々抱えることができた子犬のベアー君も、生後5か月になるとこの通り。片手で抱えるのも一苦労といったサイズまで成長しました。

人間の子どもの成長も早いものですが、“ドッグイヤー”と言われるだけあって、子犬の成長は人間の子どもを上回るようなスピード感ですね。


https://twitter.com/tropicalnicole/status/1280707609092292608

こちらの子犬もスクスクと成長し、すでに飼い主さんが抱えることができない大きさまで育ちました。いっぱい寝たんでしょうね。


https://twitter.com/mayamvictoria/status/1280733403793375232


https://twitter.com/jm4997/status/1280924921657536513


https://twitter.com/DavidJohnGibbo1/status/1280754797491163137

他にも多くの飼い主さんたちが愛犬の成長記録写真を投稿しています。

・ゴールデンドゥードルは最高!
・自分がどれだけ重いか知らずに抱きついてくるからな
・犬飼いたいよお
・体が大きくなってもまだ幼いんだよね
・このスレッドいいね
・みんな可愛いなあ

といった声がSNSに寄せられていました。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/_ThatGuyFuller/status/1280678861068480512

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』