年老いた愛犬のために「Doggie-vator(犬用階段昇降機)」を自作した飼い主さん

高齢化と共に自宅をバリアフリー化するご家庭も増えてきている昨今です。

米ルイジアナ州ニューオーリンズ在住のソニア・カリミさんも自宅をバリアフリー化するためリフォームをしました。ただし人間のためではなく、階段を昇り降りするのが辛くなった年老いた愛犬のためのリフォームです。


https://www.instagram.com/p/CCeXUophLRC/

カリミさんのお宅には、10才以上の高齢犬が3匹もいます。階段を昇り降りをもっと楽にしてあげるため、「Doggie-vator(犬用階段昇降機)」を取り付けることにしました。

「Doggie-vator」に乗るためにはまずスロープで乗り場まで上がっていきます。これもまたバリアフリーですね。

木箱でできた「Doggie-vator」に乗り込むと、階段右側の専用レーンを上下に移動していきます。

「Doggie-vator」の乗り心地がいいのか、満足気な表情です。

今後、「Doggie-vator」にはニューオーリンズの路面電車のようなカラフルな塗装をする予定だそうです。

「犬にそこまでしなくても」という声が外野から聞こえてくる気もしますが、カリミさんは「ペットを飼っていない人には理解し難いかもしれませんが、私にとっては子どもみたいなものなので、この子たちが楽に生活できるようになるなら何でもします」と親心を見せています。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CCeXUophLRC/

※ソース:
https://www.tyla.com/life/cute-stair-lift-elderly-pugs-upstairs-rescue-dogs-cute-picture-sonya-karimi-20200716

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』