池袋の未来型ライブ劇場harevutai(ハレヴタイ)が、新型コロナウイルスの3密対策映像を公開「より安全・安心して利用できるライブ劇場へ」

池袋の新たなランドマークとして知られる「Hareza池袋」内にある未来型ライブ劇場harevutaiが、新型コロナウイルスに対する独自の3密対策映像をharevutai公式YouTubeで公開しました。特に最近、劇場での感染症対策に注目が集まっているタイミングだけに、harevutaiの真摯な取り組みは利用するゲストにとっても有益な情報ではないでしょうか。

■参考記事:丸岡いずみさんもコロナ感染 夫・有村昆氏の“舞台クラスター感染”を受け 批判の声が殺到 イケメン人狼アイドルの余波 [リンク]

■参考記事:尾上松緑さん「ふざけるなよ 新宿のと或る劇場で舐めた真似してくれたらしいな」「慎め、餓鬼 舞台を舐めるなよ」ブログで怒りあらわ [リンク]

▼harevutai 3密対策PR映像

Harevutaiでは、かねてより新型コロナウイルス感染防止対策として、無観客での配信ライブの実施や、主催側の配信費用を負担するキャンペーンを設けるなど、さまざまなアクションを率先して行っているそうで、今回もその流れの一環として情報提供をしているそう。すべての劇場利用者に向けて安心と安全を提供するため、劇場で行っている感染防止対策を、わかりやすい映像の形でリリースしているそうです。

映像を観るとわかりますが、紹介している感染防止対策としては、

・ドリンクカウンターや物販カウンターへお並びのお客様へは、ソーシャルディスタンスのご協力(※ただし、現在はお客様を入れたライブは行っておりません)

・ご出演者、主催者、スタッフ、関係者、お客様などのすべてのご来場者様へのアルコール消毒・検温・体調チェックシートのご協力及びマスク着用の徹底

・エントランスにサーマルカメラを設置し、お客様の検温を瞬時に確認、また同じくエントランス、楽屋口など、さまざまな場所にアルコール消毒液を配置

・定期的にすべての扉を開放し、空気の入れ替え及び換気を行う

・リハーサル中、本番中も会場内の空気を入れ替えるため、常設の換気扇と別に大型扇風機、サーキュレーターを用意

と、以上のような内容を実際に劇場で実施しているそうです。やはり換気という観点では、大型扇風機やサーキュレーターが必要だということがよくわかりますよね。そのほか細かい対策が多数施されているそうなので、もし来場する際に不安な場合は、劇場HPから直接問い合わせてみることも推奨、だそうです。

未来型ライブ劇場「harevutai」
HP:https://harevutai.com/
twitter:https://twitter.com/harevutai

(執筆者: ときたたかし)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』