18分間、逃げ場のない恐怖。 観覧車がホラー仕様になる『地獄のゾンビ観覧車』大阪・エキスポシティで開催[ホラー通信]

大阪府吹田市・エキスポシティに立つ高さ日本一の大観覧車「オオサカホイール」に、期間限定でホラー仕様のゴンドラが登場。様々なホラーエンタテインメントで人気を博す株式会社闇がプロデュースする『地獄のゾンビ観覧車』が、2020年8月1日から9月30日の期間で登場する。

観覧車で“おまじない”を唱えると、願いが叶う――
ある願いを叶えるため、観覧車に乗り込んだ少女。少女の願いは、些細なことで喧嘩別れしてしまった行方不明の親友を探すこと。少女は親友との思い出のブローチを握りしめ、観覧車の頂上をめざす。願いは叶ったのか? 空は気味の悪い青紫に変化していく。暗闇に包まれたゴンドラの中に迫りくる影、唸り声――ここは一体どこなのか……。

参加者はヘッドホン着用し、特別仕様のゴンドラに乗車。プロジェクションや立体音響、振動シートによって、1周18分間の逃げ場のない恐怖を体験する。参加者の行動でストーリーが分岐し、“TRUE END”か“BAD END”が待っているという……。

定員は1〜6名。グループで乗車して恐怖に打ち勝つのもいいが、バラバラに乗ってお互いの結末を共有し合うのも楽しそうである。もちろん、1人で行って1人で乗って帰ってくるのも楽しいはずだぞ。

公式サイトにて、日時指定の乗車チケットが発売中。

『地獄のゾンビ観覧車』
2020年8月1日(土) 〜 2020年9月30日(水)
開催場所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内 オオサカホイール
チケット:企画専用チケット 1,500円/人(通常の乗車料1,000円/人+500円/人)
公式サイト:
http://osaka-wheel.com/zombie/

ホラー映画・ホラーエンタメ情報の「ホラー通信」-https://horror2.jp

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』