排水溝を掃除していたら“巨大ネズミ”と遭遇 「2020年だからね、何があってももう驚かない」

メキシコシティの排水溝を掃除していた作業員が発見した“巨大ネズミ”が話題を呼んでいます。


https://twitter.com/NatalieDeRosas/status/1307149288221405186

メキシコシティのラ・マグダレナ・コントレラス地区の排水溝から出てきたのがこちらの“巨大ネズミ”です。この“巨大ネズミ”は突然変異で巨大化したわけでも、モンスターでもないのでご安心ください。ハロウィンで使われた小道具だったことが判明しています。


https://twitter.com/IoganIermqn/status/1307472602382950401

本物と見間違えてもおかしくない姿形をしているので、排水溝の中でこの“巨大ネズミ”を最初に発見した作業員はさぞかし驚いたことでしょう。

このニュースに対する反応として以下のような声が集まっています。

・本物のネズミなわけないよ
・チュパカブラじゃないの
・どうやったらこのサイズの“巨大ネズミ”が排水溝に入るわけ?
・Netflixの『未解決ミステリー』が取り上げるべき事案
・本物ならもっと大きいニュースになってるよね
・ネズミの形をしたアームチェアみたいだ
・さすがに本物じゃないよね
・近くにティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズはいなかった?
・メキシコ政府公認のゆるキャラ?
・ハロウィンの小道具にこんなの使うかね
・2020年だからね、何があってももう驚かない

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/NatalieDeRosas/status/1307149288221405186

※ソース:
https://www.borderreport.com/regions/mexico/giant-rat-found-in-drain-under-mexico-city/

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』