人気SF漫画『EDENS ZERO』の家庭用・モバイル向けゲームティザームービーが解禁

『RAVE』『FAIRY TAIL』などで知られる真島ヒロ氏の人気コミック『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』のゲーム化が発表された。対応ハードは家庭用とモバイルとなっており、ティザームービーやスクリーンショットも公開。また、テレビアニメ放送開始時期についても決定。2021年4月から放送開始されるという。

『EDENS ZERO』ゲーム化プロジェクト

『EDENS ZERO』は、2018年より講談社「週刊少年マガジン」で連載を開始した真島ヒロ氏によるSF(スペースファンタジー)漫画。惑星グランベルで機械たちに育てられた唯一の人間の少年「シキ」と、そこに訪れた少女「レベッカ」が出会うことで、宇宙のどこかに存在し、願いを叶えてくれる「マザー」を探す旅に出る物語。数多くの個性的な惑星を舞台に、エーテルギアという特殊な力を使用し、冒険を行う。

今回発表されたティザー映像は、ティザーといいながらも、ゲーム内容が垣間見えるものとなっている。ゲーム内容は家庭用とモバイル版とで異なるジャンルになる模様。

家庭用ゲームは3DアクションRPG、モバイルゲームは見下ろし型アクションRPGになることが発表されている。

テレビアニメ『EDENS ZERO』最新情報を発表

テレビアニメ『EDENS ZERO』は、2021年4月から日本テレビ系全国放送が決定。メインキャラクターキャストも解禁された。

シキ・グランベル役には寺島拓篤氏。

レベッカ・ブルーガーデン役は小松未可子氏(写真上)、ハッピー役は釘宮理恵氏(写真下)がそれぞれ務める。

『EDENS ZERO』プロジェクト公式サイトオープン

さらに、原作漫画、テレビアニメ、ゲーム、グッズ等の情報が集約された『EDENS ZERO』プロジェクト公式サイトもオープンした。今後、このサイト上へ関連情報が続々アップされる予定とのこと。

夢企画『エーテルギア大募集』も始動

公式Twitterでは、オリジナルのエーテルギアと、その能力を使うオリジナルのキャラクターを募集中。優秀作に選ばれたアイデアは、作中に登場するという。開催期間は、2020年10月31日(土)23時59分まで。キャンペーンの詳細は『EDENS ZERO』プロジェクト公式サイトで確認して欲しい。

原作者・真島ヒロ氏コメント

「アニメはシキの重力を使ったバトルシーンやレベッカのガンアクションにすごく期待しています。
ゲームは原作ファンだけでなくゲームファンにも楽しんで頂ける内容になると嬉しいと思っています。
『EDENS ZERO』という作品はアニメやゲームといった動くメディアで映える作品でもあるので皆さん、ぜひとも期待していてください!」

EDENS ZERO 公式サイト:
https://edens-zero.net/news/news.html[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

×