「北斎先生のヤバさが際立つ」「ゴッホ先生お大事に!」 画家・浮世絵師が「『ジャンプ』連載作家だったなら」パロディ画像が秀逸すぎる

「画家・浮世絵師がジャンプ連載作家だったら」パロディ画像がTwitterに投稿され反響

記事まとめ

  • 「歴史上の画家や浮世絵師が週刊少年ジャンプに連載していたら」との画像が投稿された
  • 葛飾北斎が『富嶽の刃』を連載したりゴッホ先生は「左耳怪我のため休載」となっている
  • 「秀逸すぎる」「腹筋崩壊した」といった反応が多数寄せられ、反響を呼んでいる

「北斎先生のヤバさが際立つ」「ゴッホ先生お大事に!」 画家・浮世絵師が「『ジャンプ』連載作家だったなら」パロディ画像が秀逸すぎる

『インスタ映えする戦国時代』(大和書房)などの著者でパロディ画像をSNSに投稿しているスエヒロさん(@numrock)が、Twitterに歴史上の巨匠レベルの画家や浮世絵師などが、もし『週刊少年ジャンプ』に連載をしていたなら……という想定で巻末の著者コメントのページの画像を投稿。「秀逸すぎる」「腹筋崩壊した」といった反応が多数寄せられています。

『富嶽の刃』を連載している葛飾北斎が「片付けができない。改名を30回した。引越しも90回したなどなど、私の奇行について色んな噂がありますが、全部本当です」、クロード・モネが「最近、庭の手入れをするのにハマっています。日本風の庭園をイメージしてて先日、太鼓橋まで設置しました」、ダリが「ウケるかなと思って講演会に潜水服で登壇したら、空気がこなくてマジで死にかけた。時計が溶けてみえた!」……などなど、確かに『ジャンプ』作家テイスト。しかも、これが全て実話なあたりに熱量を感じさせてくれます。また、ゴッホ先生が「左耳怪我のため休載」となっているあたりも高ポイント!

「めっちゃ読みたくなった」「各作家先生のチョイスもツボ」といった反応のほか、「北斎先生のヤバさが際立つ」「ダリ先生完全に滑ってる」「夜警(レンブラント)は仕事して!」「『ギャーと叫ぶムンク』はズルい」「ゴッホ先生お大事に!」と、各先生への熱いエールが寄せられていたこのパロディ画像。スエヒロさんは最近だと明智光秀が送った「謀反のお知らせ」の公的機関風のはがきが『福知山光秀ミュージアム』で公式化するなど活躍しているので、そのユーモアあふれる創作にこれからも要注目です。

※参考 Twitterで話題「謀反のお知らせハガキ」が公式化!? 福知山市『おうちで光秀ミュージアム』で抽選130名に当たるキャンペーン実施中
https://getnews.jp/archives/2540629

※画像はTwitterより
https://twitter.com/numrock/status/1312592251172741120 [リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)

×