「意外と天然」「早く復縁して」 別れた相手を事あるごとに思い出す先輩女子マンガのカワイイが過ぎた

周囲に気づかれずに職場恋愛していた宇佐美奈央(先輩)と堂林一馬(後輩)の別れた後のもどかしい関係を描いたみいみつきさん(@PKyuriri)の『三ヶ月前に別れた先輩後輩の話』。Twitterでは、宇佐美さんが隣の席の瀬野さんとの会話で、堂林くんのことを意識してしまう番外編が公開されています。

※参考記事 「素直になれないふたりの心の動きや表情を見てほしい」 マンガ『三ヶ月前に別れた先輩後輩の話』デート回のドキドキがリアル
https://otajo.jp/89759

「あっ、宇佐美さんコーヒーはブラック派なんですね〜!」と瀬野さんから声をかけられた宇佐美さん。「うん、甘い飲み物はちょっと苦手なんだ」「わあー大人!わたし絶対ミルクと砂糖ないと飲めないです〜」と会話。「堂林くんもそうだったな…あの時はちょっと可愛いって思ったっけ」と思い出し、瀬野さんから「もう〜笑わないでくださいよぉ」と言われて笑った理由を正直に明かせませんでした。

「うーん、髪伸びてきたな。そろそろ切ろうかな」というのに、「宇佐美さんっていつの日からかずっとショートですよね〜。なんか理由あるんですか?」と聞く瀬野さん。「特にないかなぁ。瀬野さんは伸ばしてる理由あるの?」と返すと、「え〜私は昔好きだった人がロングが似合うって言ってくれてそれ以来なんとなくです」と照れつつ言われて、堂林くんから「前から思ってたけど、奈央って短いの似合うよな」と褒められたことを思い出した宇佐美さん。「えっ?もしかして…違う違う私は別にそんな…っ」と赤くなっているところを「?」と見る瀬野さんでした。

2020年7月22日にKADOKAWAより単行本第一巻が刊行後、重版もされた『三ヶ月前に別れた先輩後輩の話』。みいさんは「変化という感じではないかもしれませんが、書店で自分の本が並んでいた時に本当にデビューしたんだなぁと実感し、嬉しく思いました」といいます。ちなみに今回の番外編で登場した瀬野さんは「宇佐美さんの後輩(26歳)で明るく元気な今どき女子です」とのこと。

宇佐美さんについて「意外と天然で可愛い」という声が上がっていたほか、「早く復縁して!」という反応が多かった今回の番外編。本編では、宇佐美さんに同僚の結城さんがアプローチしていて堂林くんがピンチというストーリーが続いています。みいさんは「結城さんの積極的な行動でピンチを迎えていますが、これからの堂林くんをもっと応援していただけたら嬉しいです!」と話します。宇佐美さんと堂林くんが元サヤに戻れるのかどうか、今後の展開に要チェックです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/PKyuriri [リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』