全自動のタピオカミルクティー製造ロボット登場 ゲーセンにあっても違和感なさそう

11月17日、アメリカのスタートアップ「Bobacino」が、全自動のタピオカミルクティー製造ロボットを発表しました。

Introducing Bobacino(Vimeo)
https://vimeo.com/479293870

ゲームセンターに置いてあっても違和感なさそうな筐体の中には、タピオカミルクティーを作るのに必要なロボットアームなどが設置されています。設置場所として大学のキャンパス、ショッピングモール、空港、オフィスビルなどが想定されています。

タッチパネルで注文します。

タピオカミルクティーを作る全工程をロボットアームが担当。

お客さんは店員との会話といった感染リスクを取ることなくタピオカミルクティーをテイクアウトできます。

ワンランク上の自動販売機やウィズコロナ時代の無人ドリンクスタンドとして、タピオカミルクティーだけでなく他の飲み物にも対応できれば潜在的な需要は意外と大きいのかもしれません。

※画像とソース:
https://www.prnewswire.com/news-releases/bobacino-launches-automated-boba-tea-bar-to-service-a-growing-multibillion-dollar-market-301174386.html
https://vimeo.com/479293870

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

×