冷凍トーストでも中がふわふわ! パナソニックの新オーブントースター「ビストロ」がすごい!

パナソニックの新製品オーブントースター「ビストロ」NT-D700が、2021年2月1日に発売予定。コロナ禍で需要が増えつつある冷凍厚切りトーストも、外はサクサク中はフワフワに焼き上げられる優れものということで、一足早く性能を体験できたシークレットセミナーへの参加レポートをお届けします!

今回発表されたオーブントースター「ビストロ」NT-D700は、20年ぶりのフルモデルチェンジ品となるフラッグシップモデル。格調高いブラックのボディは、キッチンになじみつつ存在感がある色合いに。「遠近トリプルヒーター×インテリジェント制御」によって、冷凍状況に合わせて温度や加熱時間を自動調整してくれます。

実際にオーブントースター「ビストロ」NT-D700で焼かれたトーストを試食してみると、もともと冷凍保存していたとは思えないほど、中がふんわりとした焼きたて具合。言われなければ冷凍とは気づかないレベルのトーストに驚きました。

パンの冷凍保存需要の高まりに加え、見栄えもいい厚切りトーストが人気となっていることを踏まえ、ビジュアル面にこだわった「アレンジトースト」を簡単に作れるのも特徴。

冷凍ピザやフランスパン、さらに密かなブームになっている「じっくり焼きいも」もプログラムを変えることで簡単に調理できるとのこと。

実際にどのくらい簡単に調理できるのか体験してみることに。つまみを回してプログラムを選択して、つまみを押すことで決定。コリコリと心地よく回るので、ついつい回したくなってしまう操作感でした。

焼きたいものに合わせてプログラムを選択して、焼き加減なども同様に選択。あとは勝手に適切な焼き加減に調整して焼き上げてくれるので、楽々です。トーストのインテリジェント制御は7200通りの個別プログラムが用意されており、常温や冷凍の区別はもちろん、トースター内部の温度状況も見極めてくれるとのこと。

冷凍ピザなども調理可能。手動による温度調整も可能なので、調理の幅が広がりますね。

見た目にも綺麗なお菓子パン作りも! 自宅でパン作りをする趣味も流行ってきているので、より本格的にパンを作ってみたい人も要注目です。

オーブントースターを使う上で、地味に面倒なのがパンくずの掃除。オーブントースター「ビストロ」NT-D700は受け皿を簡単に下部から取り外して洗浄ができるので、お掃除も簡単です。

昨今のトースト事情を踏まえつつ、簡単に本格的なトーストが作れるオーブントースター「ビストロ」NT-D700。オーブントースターの買い替えを検討している方は、ぜひチェックしてみてください!

オーブントースター「ビストロ」NT-D700
2021年2月1日発売予定
市場想定価格 2万5000円前後(税抜き)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)