怒るに怒れないストリートアート 「この人のセンス、ヤバいな」「無味乾燥な街並みよりこういう街並みのほうがいいよね」

ニューヨークのストリートアーティスト、トム・ボブさんは街中にあるモノを上手く活用した独特なストリートアート作品をInstagramで公開しています。

見る人によっては、ストリートアートではなく落書きになってしまう可能性もあるかもしれませんが、ユーモアのセンスのせいか“怒るに怒れない落書き”と言えるかもしれません。


https://www.instagram.com/p/B9HW_lCJYk5/

バッグス・バニー仕様のトイレ。


https://www.instagram.com/p/B8of_5xJ6bV/

暖房器具のような機械をウォークマンにしてしまいました。


https://www.instagram.com/p/B-AE6IrJGTQ/

映画『ショート・サーキット』のジョニー5になった照明。


https://www.instagram.com/p/B4FYDYjJv2R/

道路反射鏡を使ってメイクするジョーカー。


https://www.instagram.com/p/B-qCzynpeTm/

「6フィート(約1.8メートル)離れるほうが、6フィート下の地中に埋葬されるよりマシ」

Instagramのコメント欄には次のような声が寄せられています。

・この人スゴイね
・どれもクールな作品ばかりだ
・ワンランク上のグラフィティ
・無味乾燥な街並みよりこういう街並みのほうがいいよね
・才能だよな
・特筆すべきアーティスト
・何度見てもこの人の作品は飽きない
・この人のセンス、ヤバいな
・ニューヨーク以外の街でも活動して欲しい
・とりあえず、天才ってことで
・子どもは大喜びするわね
・素晴らしい作品が多いなあ

他の作品は以下のリンクから閲覧可能です。

tombobnyc
https://www.instagram.com/tombobnyc/[リンク]

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/B9HW_lCJYk5/

(執筆者: 6PAC)